Quadcept(クアッドセプト)の導入事例に「日本キャステム株式会社」様をご紹介

CASE STUDY

「新潟中越地震」「東日本大震災」の災害経験から生まれた高信頼性の緊急告知ラジオ

日本キャステムの製品には、防災関連機器が多く並ぶ。それは防災に強い想いを持つ方々に、
技術で貢献してきた結果を象徴している。その一つに緊急告知ラジオがある。
緊急告知ラジオとは、地震、火災、気象情報や大規模な事故などの災害が発生した際に、地域コミュニティFM局などから発信される緊急信号を受信することで、自動的に電源が入り、緊急放送が聞こえることを特徴としたラジオである。

市町村の特定地区だけに緊急放送を放送することが出来るため、行政防災無線を補完する有効な手段として期待されている。今後ますます温暖化が進むと懸念され、“地震” “津波”だけでなく、“川の氾濫” や “がけ崩れ” などの地域性が高い災害情報が必要とされる。各市町村ではこれらの災害情報を積極的かつ適切に地域コミュニティに伝達するニーズが顕在化しており、緊急告知ラジオのような受信機を、全住民向けに配布するなど対応している市町村もある。

緊急告知ラジオは、高信頼のComfis®(コムフィス)信号方式の採用により、音声信号を利用した情報伝達を行って受信機の制御を行い、緊急放送受信時には約1秒でラジオの電源が自動的にONになり、最大音量で 緊急放送が流れる。また、緊急地震速報、緊急警報放送に両方対応した機種の中には、日本キャステムの製品モジュールが入っている。そして、実はComfis® は、日本キャステムの開発した通信方式であり商標登録でもあるのだ。

信号を使って装置をコントロールするComfis®方式

Comfis®信号方式は音声信号を利用してデジタルデータを転送する仕組みだ。周波数を変えた音の配列パターンの違いにより、様々な信号の組み合わせができる。この組み合わせを利用すると、音声信号で起動、停止などの制御ができるようになる。スピーカしかないところにパトライト(警告灯)をつけて、警報と同時にパトライトを点灯させるというローテクな制御の代替をしたり、自動ドアをあけっぱなしにしたり、道路の電子掲示板やバスや車両への注意喚起などにも利用できる。新たな制御用の配線を敷設せずに、既存の設備にアドオンできるためコストをかけずに新しい防災機能を付与できるのも大きな特徴の一つである。

Quadceptを選定した理由

どんどん時代についてこれなくなった電子CADが多いと感じた。

外資系の電子CADを使っていて、増設をしようと思っていたんです。ですが、プロジェクトがいつどのくらいの規模で立ち上がるか、最近は不透明なことが多いんです。増設しても、プロジェクト規模によって、もしかしたら不要になるかもしれません。プロジェクト自体も、予算縮小の方向で、増設分を上乗せすることも難しい状況です。こんな状況ですので、先行投資も二の足を踏んでいたんです。それでも無理やり増設に踏み切ろうとしたものの、結局OSのバージョンによる対応の違いもあって、導入タイミングを見失っていました。そんなときQuadcept(クアッドセプト)を知る機会がありました。

長い目で見れば ROI(Return On Investment:投資対効果)がよくなることが分かった。

決め手となったのは、コストの先読みができるのが一番大きかったですね。インターンやアルバイトの人を受け入れているのですが、操作が簡単なためアルバイトでもすぐに設計してもらうことができるのが嬉しいです。中期的に見ればQuadcept(クアッドセプト)は、絶対的にROIはよくなることがすぐに分かりました。現在ライブラリの構築をどうしようかと検討していますが、これが終われば全社的に導入をすすめたいと思っています。

音と通信の組み込みシステム開発

日本キャステムの製品開発の背景には、「音声コーデック」「エコーキャンセラ」「ノイズキャンセラ」「デジタルフィルタ」など、「音と通信技術を組み込む技術」についての深い基礎理論・技術の蓄積があり、緊急告知受信モジュールとして、チューナー、検出デバイス内蔵の小型組み込みモジュールなどを多数世に送り出しているのである。「電話」に始まった「通信」技術であるが、現在は「光ファイバー」「地上デジタル波」「車載用通信」「放送用機器」など、その方法は多岐にわたる。日本キャステムの技術も、家電製品をはじめ、携帯、ラジオ、ATM、車載機器、センサー、警報機、ゲーム、防衛機器など幅広い分野の応用製品で展開されている。

幸せを感じあうテクノロジー

また、製品づくりでは、アルゴリズム開発、ソフトウェア設計、ハードウェア設計・製造、さらには特許契約のサポートまで一貫して行っている。「地震などの自然災害に対する募金などの社会貢献活動」、「立川市との地域との連携」「音声技術に関する大学との研究開発や技術提供」「パートナー企業との取り組み」、そして「インターンシップの受け入れ」など、お客と協力会社との信頼の輪を広げながら、地域や社会へ貢献できる会社を真摯に目指している。ものづくりに対する強いこだわりを持ち、社会にとって役に立つ製品やサービスを提供していく。
それが日本キャステムです。

商号日本キャステム株式会社
設立1992年04月08日
事業内容
・ハードウェア設計(アナログ回路、デジタル回路)
・ソフトウェア設計
・製品開発・製造
・コンサルティング業務
・海外製品の販売
 
本社所在地〒190-0022 東京都立川市錦町1-4-4
電話番号042-523-7176(代)
ファックス042-523-7178
企業サイトhttp://www.kyastem.co.jp