プリント基板CAD : DRC/MRC設定

ルールチェック(MRC)

MRC実行時にチェックを実行するかを選択できます。
MRC実行時に出てくるダイアログと連動しており、設定値を引き継ぐ動作になっています。

DRC/MRC設定画面の開き方はDRC/MRC設定についてを参照してください。

項目
項目名 内容

MRCのチェックを実行するかを選択できます。チェックが入っている項目のみMRCを実行します。

エラータイプ

MRC実行時のエラータイプを「Error」「Warning」から選択できます。

種別と確認内容

確認内容が記載されています。

 


 

種別と確認内容について
種別 確認内容 マーク 説明

クリアランス

クリアランス違反を確認しますか?

エラー確認種別:クリアランス違反

「クリアランス」で設定している値が保てていない場合にエラーを検出します。

実測値:違反クリアランス
設定値:クリアランスMRC

Reference表示

Referenceがすべて表示されているか確認しますか?

エラー確認種別:Referenece表示違反

設計図面内のすべての部品やフットプリントのReferenceが表示になっていない場合、エラーを検出します。
Referenceを表示にしてください。

Reference配置角度

Referenceの配置角度を確認しますか?

エラー確認種別:Reference配置角度違反

「Reference配置角度」で配置角度許可されている以外の角度で配置されている場合はエラーを検出します。
Referenceの角度を確認し、許可されている角度で配置してください。

実測値:Reference角度
設定値:配置角度MRC

ソルダレジスト/ペースト

ソルダレジスト/ペーストが存在するか確認しますか?

 

エラー確認種別:ソルダレジスト有無違反、ペースト有無違反

パッド、ビアにソルダレジストが存在しない場合、SMDパッドにペーストが存在しない場合にエラーを検出します。
パッド、ビアを確認し、ソルダレジスト、ペーストを設定するか、除外部品に追加してください。

 

オプション
項目名 内容

表示画面内のみクリアランスの確認を行う

現在表示しているエリアのみクリアランス違反の確認を行います。

エラー上限数

MRC実行時のエラー検出の上限数を設定できます。
エラー項目が多くMRC実行に時間がかかる場合などは、制限することで確認が容易になります。
※MRC実行時に上限を超えるエラーは表示されないのでご注意ください。