プリント基板CAD : 編集

コピーモード

コピーモードを使うことで、予め対象オブジェクトの「コピー基準点」「選択方法」を設定しコピーを取得することが可能です。

コピーモードの使用方法
コピーモードでコピーを取得する方法をご紹介します。
(1) 【編集】
→【コピー】
を選択

   

プロパティウィンドウで「オブジェクトスナップ:有効/無効」やオブジェクト選択時の「コピー基準点」を配線の「選択方法」を設定できます。

(2)

コピーする対象を選択

(3)

【編集】
→【貼り付け】
を選択

※ショートカット【Ctrl + V】でも可

 

 

 

(4)

貼り付けモードになるので貼り付け先へ移動します。

※貼り付け中も回転、反転操作を行えます。
※貼り付け時のマウスカーソル位置はステータスバーで確認できます。
※ネットがあるオブジェクトの場合、異ネット対象先には『オンラインDRC:OFF or 無効』とすると貼り付け可能となります。
 

(5)

【クリック】で貼り付けを確定
座標入力で確定もできます。

確定後もコピーを保持しているので再度【貼り付け】実行で連続しての作業が可能です。

コピーモード中にできる操作

コピーモード中にできる操作は以下の通りです。

反転
上下反転
回転
逆回転
45度回転
1度回転
任意角度回転
個別90度回転
個別任意角度回転
0度に戻す

コピー基準点

オブジェクト指定時のコピー基準点をあらかじめ指定しておくことができます。

頂点 ポイント 原点

コピー対象の頂点をコピー基準点とします。
クリックした位置に一番近い頂点が選択されます。
頂点がないオブジェクトは原点、中央位置となります。

コピー対象をクリックした位置をコピー基準点とします。
グリッドには乗りません。

コピー対象の中心(原点)をコピー基準点とします。

複数オブジェクトを選択時やドラッグによる単一オブジェクトの選択時には、対象選択後に【クリック】で基準点を決めてコピー取得が可能です。

選択方法

配線の選択方法を選ぶことができます。

セグメント ひと繋がり

ひとつの線分オブジェクトをコピーします。

ひと繋がりの配線オブジェクトをコピーします。
分岐箇所、ビア、パッドまでがひと繋がりです。