CCM(Cloud Component Manager)部品ライブラリ管理サービス

PRODUCT/SERVICE

部品ライブラリ管理サービス

CCMとは?

CCM(クラウド・コンポーネント・マネージャー)は、システム開発の知識がなくても、社内の部品管理ルールを基準とした部品データベースを簡単に構築できるQuadcept株式会社のクラウドサービスです。また、クラウド電子CAD「Quadcept」とシームレスに連携することで部品選定のあらゆる手段を効率化します。

承認機能による精度の高い部品データベース

CCM(クラウド・コンポーネント・マネージャー)の承認機能により、社内の独自ルールに適合した部品を試作・量産に耐えうる「承認部品(推奨部品)」として選別することができ、より精度の高い部品データベースを構築できます。

CCMのご利用の流れ
CCM一覧画面
CCMとQuadceptの連携

CCM(Cloud Component Manager)は、クラウド電子CAD「Quadcept」とシームレスに連携することで、
部品データベースをかんたんに構築するだけでなく、設計作業を最大限に効率化することができます。

EOL情報が回路図にリアルタイムに反映

EOL情報が回路図にリアルタイムに反映

CCM(Cloud Component Manager)と シームレスに連携する電子CAD「Quadcept」は、EOLや在庫薄情報がCAD画面上に表示されます。
設計中にEOLや在庫薄部品がリアルタイムに表示されるため、部品調達時の設計手戻りを回避することができる便利な機能です。

CADからCCMの部品データベースに直接アクセス

Quadcept(電子CAD)は、CCMとシームレスに連携し、CCMの部品データベースにCAD画面上からアクセスできます。

CCMの部品データベースをCAD画面上よりスピーディに検索し、部品ステータスや社内在庫、属性を確認しながら部品選定が可能です。CCMでもCAD画面上でも同等の検索機能を搭載しております。

CADからCCMの部品データベースに直接アクセス

代替部品情報からカンタン部品更新

部品調達不可 / EOLなどで部品交換が必要な場合、 CCMで予め登録されている代替部品リストをCAD画面上で 確認することができます。

代替部品リストでは、部品の属性情報(メーカー、カテゴリ、型番)や特性、部品ステータス(未審査/審査中/承認済み/承認部品/EOL)、在庫情報を確認しながら適切な部品交換が可能です。

代替部品情報からカンタン部品更新

EOL/在庫薄の部品が含まれる製品を逆探索

逆探索は、特定部品が含まれるプロジェクトを検索する機能です。

例えば、EOL対象部品が見つかった場合、逆探索することで、その部品が使用されているプロジェクトを検索することができます。あとは、代替部品リストから適切な部品に更新するだけ!

EOL/在庫薄の部品が含まれる製品を逆探索