電子CADのデータ運用の課題を解決

電子設計に関わるデータ(部品ライブラリ、部品表、図面など)を一元管理できるQuadceptのクラウドサービスです。

部品の重複登録により
推奨部品が不明確
回路、PCB部品データを設計者は個々に作成しており、社内の「正の部品」が不明、設計時に都度作成し、部品が重複し、設計効率化ができない。
EOL発生した場合の
製品探索に時間がかかる
EOLが発生した際に、EOL部品を使用している製品の探索に時間がかかっている、また、設計変更時に代替え部品選定にも時間がかかり、工数がかかっている。
設計、部品、BOMデータの
一元管理ができていない
設計データ、BOM、部品がバラバラで管理されており、設計変更が発生した際に、在庫、コストなどデータ・情報がわからず、確認→調査→選定になり、変更工数がかかっている。
CCM / CBM / CPM(部品データ管理、BOM管理、設計データ管理) CCM / CBM / CPM(部品データ管理、BOM管理、設計データ管理)

社内システム(PDM)ともスムーズに連携し、既存資産の活用可能

既存の社内データベースやPDM、ERPと同期でき、同期する属性もカスタマイズすることが可能です。

同期された情報はQuadcept(CAD)からも検索対象となり、社内で決められた部品在庫、価格、優先順などの最新情報を
Quadcept(CAD)で確認し、効率の良い部品選定を実現します。

お客様の運用に合わせた
「部品承認機能」により、
精度の高い部品DBを構築

部品の登録に承認フローがあることで、重複した部品の登録が防ぐことができ、試作や量産に耐えうる社内独自ルールに適合した「承認部品(推奨部品)」として登録することが可能です。

承認フローは、資材、品質、購買など、複数のステップを設定することができ、より精度の高い部品データベースの構築を実現します。

CCM / CBM / CPM(部品データ管理、BOM管理、設計データ管理)
CCM / CBM / CPM(部品データ管理、BOM管理、設計データ管理)

ほしいものがすぐ見つかる
お客様の運用に合わせた
高度な検索システム

あいまい検索 + フィルタ機能と搭載し、データベースに登録された部品の属性情報(メーカー、カテゴリ、型番)や特性、部品ステータス(未審査/審査中/承認済み/承認部品/EOL)を条件とした「フィルタ機能」、手入力による「あいまい検索機能」により、お探しの部品を素早く発見することができます。

在庫薄やEOL情報を
回路図にリアルタイムに
反映

電子CAD「Quadcept」は、EOLや在庫薄情報がCAD画面上に表示されます。設計中にEOLや在庫薄部品がリアルタイムに表示されるため、部品調達時の設計手戻りを回避することができる便利な機能です。

CCM / CBM / CPM(部品データ管理、BOM管理、設計データ管理)
CCM / CBM / CPM(部品データ管理、BOM管理、設計データ管理)

EOLや在庫薄の部品が
含まれる製品を逆探索

EOL部品が含まれるプロジェクトを検索することができます。EOL部品を逆探索することで、製品で使用されているプロジェクトを検索できます。検索後はプロジェクトオープンが可能になり、部品交換作業を行うことができます。

CAD上で代替部品情報から
カンタンに部品更新

部品調達不可 / EOLなどで部品交換が必要な場合、 CCMで予め登録されている代替部品リストをCAD画面上で 確認することができます。代替部品リストでは、部品の属性情報(メーカー、カテゴリ、型番)や特性、部品ステータス(未審査/審査中/承認済み/承認部品/EOL)、在庫情報を確認しながら適切な部品交換が可能です。

CCM / CBM / CPM(部品データ管理、BOM管理、設計データ管理)

部品管理はもう迷わない

シンプルでわかりやすい電子設計データベースの構築