Quadcept DesignConverter : CR-5000 Board Designerコンバート

CR-5000 Board Designerデータの変換方法

CR-5000 Board Designerの各種データのコンバート方法をご紹介します。Quadceptへはフットプリントデータと基板(PCB)データのコンバートが可能です。

コンバートはアスキーファイル(フットプリントアスキーファイル(*.ftf)/基板アスキーファイル(*.pcf))を使用して行います。各アスキーファイルはCR-5000 Board Designerがインストールされている端末にてフットプリントライブラリ(*.ftp)と基板データベース(*.pcb)を変換することで出力が可能です。
※この機能はCR-5000 Board Designerのオプション機能となります。

フットプリントライブラリ(*.ftp)  ⇒フットプリントアスキーファイル(*.ftf)
基板データベース(*.pcb)      ⇒ 基板アスキーファイル(*.pcf)

お手持ちのデータが変換できないなどお困りの場合や、ご不明な事がございましたら
Quadceptサポートまでご連絡ください。

CR-5000 Board Designerデータの変換方法
CR-5000 Board Designerのフットプリントアスキーファイル(*.ftf)と基板アスキーファイル(*.pcf)をコンバートする方法をご紹介します。
※基板アスキーファイル(*.pcf)をコンバートする場合にも、まず フットプリントアスキーファイル(*.ftf)のコンバートが必要です。
(1) 「...」ボタンをクリック

 

(2) CR-5000 Board Designerから出力した フットプリントアスキーファイル(*.ftf)を選択し、「OK」をクリック。
(3)

アサイン設定を行います。

アサイン設定を行うには、CR5000層を選択し、コンバート後に格納したいQuadcept層を選んで矢印アイコンで設定します。
詳しくはアサイン方法をご覧ください。


 

 

アサインができた状態です。


アサイン設定を保存するには「設定保存」でファイルを保存してください。

保存したアサイン設定を読み込むには「設定読み込み」でファイルを読み込んでください。

(4) 「次へ」をクリック

 

  フットプリント名をクリックするとプレビューでコンバート状態が確認できます。
プレビュー画面はQuadceptのプレビューと同様に
画面の拡大や縮小、移動ができます。
(5) 「保存」ボタンをクリック。

 

(6) 保存したいファイル名を入力し「保存」ボタンクリック。
(7) 「OK」ボタンクリック。
(8)

次にPCBのコンバートを行います。

「PCBコンバート」ボタンをクリック。


 

(9) CR-5000 Board Designerから出力した基板アスキーファイル(*.pcf)を選択し、「OK」をクリック
(10)

アサイン設定を行います。

アサイン設定を行うには、CR5000層を選択し、コンバート後に格納したいQuadcept層を選んで矢印アイコンで設定します。
詳しくはアサイン方法をご覧ください。


 

 

アサインができた状態です。


アサイン設定を保存するには「設定保存」でファイルを保存してください。


保存したアサイン設定を読み込むには「設定読み込み」でファイルを読み込んでください。

(11) 「変換」ボタンクリック。

 

 

プレビューでコンバート状態が確認できます。


プレビュー画面は層の表示を切り替えたり、
Quadceptのプレビューと同様に
画面の拡大や縮小、移動ができます。

(12) 「保存」ボタンクリック。

(13) 保存したいファイル名を入力し「保存」ボタンクリック。
(14) 「OK」ボタンクリック。
(15)

コンバートを終了する場合は右上の「×」ボタンをクリック。

続けて、他のPCB設計データをコンバートする場合は右下の「PCBコンバート」ボタンをクリック。