Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 設計準備

基板外形の作図

次に基板外形形状を作図します。Quadceptでは「Other」の「Board」層に配置したものが基板外形ラインとして認識されます。
基板外形ラインは3Dデータ(IDF、STEP)、DSN、ODB++など、各種出力データで必要なため、閉図形になるようにご注意ください。
また機械系CAD(3DCAD)などから出力したDXFファイルやIDFファイルを入力して基板外形ラインとして使用することもできます。

基板外形の作図には以下の3つの方法があります。

・基板外形を作図する方法
・DXF/DWGデータを基板外形として読み込む方法
・IDFデータを基板外形として読み込む方法

取付け穴の作成方法は以下を参照してください。

・取付け穴を作図する方法

基板外形を作図する方法

基板外形を「ライン」「矩形」「円」「円弧」などで作図する方法です。

基板外形を作図する方法
(1) 【作図】
→【ライン】・【矩形】・【円】・【円弧】
を選択
※作図機能は作図・編集についてを参照してください。
(2)  作業層を「Other」、層種類を「Board」に設定
  (※もしくは「L」キーを押下し、層変更画面で「Other.Board」を選択し「OK」ボタンをクリック)
(3) 基板外形形状を作図します。

 


DXF/DWGデータを基板外形として読み込む方法

機械系CAD(3DCAD)などで設計した基板外形をDXFデータまたはDWGデータを読み込み、基板外形とする方法です。

DXF/DWGデータを基板外形として読み込む方法
(1) 【ファイル】
→【入力】
→【DXF/DWG】
⇒「DXF/DWG入力」画面が開きます。
(2) 読み込み先「・・・」をクリック⇒「ファイルを開く」画面が開く。
(3) DXFファイルを選択
(4) 「OK」クリック
(5) DXF層から基板外形の層と「Other:Board」を選択
(6) 「→」ボタンクリック
(7) 「OK」をクリック
  DXFデータが基板外形として読み込まれます。

 


IDFデータを基板外形として読み込む方法

機械系CAD(3DCAD)などで設計した基板外形をIDFデータを読み込み、基板外形とする方法です。

IDFデータを基板外形として読み込む方法
(1) 【ファイル】
→【入力】
→【IDF】
⇒「開く」画面が開きます。
(2) IDFファイルを選択
(3) 「OK」クリック
(4) 「基板外形を入力する」にチェック
(5) 「OK」をクリック
  IDFデータが基板外形として読み込まれます。

 


取付け穴を作図する方法
取付け穴(プリント基板を装置などに取付けて固定するため、およびプリント基板に大型部品を
機械的に取付けるためにプリント基板にあけた穴)を作図する方法をご紹介します。
取付け穴は『パッド』で作成します。
(1) 【作図】
→【パッド】
を選択
(2)

設定を行って「OK」クリック

※必要に応じて
  「Electric」「Solder」
  を設定。
  ドリル設定で
  穴形状、穴径
  めっき有無を設定

(3) 配置したい座標をクリックしてパッドを配置
  ※配置後、座標を調整することもできます。
(1) 選択
(2) プロパティウィンドウで座標を調整