Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 各種出力(CAM、ドリル、部品座標など)

ガーバー出力

いよいよ設計が完了しましたら、製造に受け渡すデータの一つであるガーバーデータの出力を行います。

通常、基板作成に必要なデータは

・ガーバーデータ
・NCドリルデータ

必要に応じて

・NCドリル表
・部品座標

などが必要になります。Quadceptでは上記をまとめてバッチ出力で出力することもできます。

ガーバーデータ例

シルクガーバー パターンガーバー ソルダレジストガーバー

 


ここでは個別でガーバー出力を行う方法をご紹介します。

ガーバー出力
ガーバーデータ出力方法をご紹介します。
(1) 【プロジェクト】
→【ガーバー】
→【ガーバー出力】
⇒「フォルダーの参照」画面を開きます。
(2) ガーバーファイルを出力するフォルダを選択し
「OK」をクリック
(3)

メッセージが表示されます。「OK」をクリック

※フォルダ内に同名のファイルが存在する場合
 上書きを確認するメッセージが表示されます。



 

(4)

このままガーバーデータを確認することができます。
「はい」をクリック
  ガーバーを確認できます。

ガーバーの確認方法はガーバーデータを開くを参照してください。

ガーバー出力の設定はPCB設定の「ガーバー」を参照してください。

線幅0のオブジェクトは警告メッセージ表示後、アパーチャ0で出力されます。