プリント基板CAD : 各種便利機能

角処理

角処理についてご紹介します。
角処理とは面取りとも呼ばれることがあります。
交差する接合していない2線、もしくは接合している2線を「直交」「Cカット」「Rつけ」で接合する機能です。

フットプリント作成時のシルクなどの場合、相対移動と組み合わせて使用すると便利です。
 

直交 Cカット Rつけ

 


角処理方法
角処理の方法をご紹介します。
(1) 【編集】
→【角処理】
を選択
(2) 接続点の設定を行う
(3) 接続したいオブジェクトをクリック
(4) もう一方の接続したいオブジェクトをクリック
  角処理が行われます。

 

  交差している場合は、角をトリミングします。
 

 


値の設定方法
Cカット = 2.54mmの場合 Rつけ = 2.54mmの場合