Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Elefab : Elefab™連携

見積り作成

Elefab™連携機能を使用し、基板設計・基板製造・基板実装の見積りを作成する方法をご紹介します。各種見積りは回路図シート・PCBシートの両方から行うことが可能です。

見積り作成
QuadceptからElefab™連携により各種見積りを作成する方法をご紹介します。
※回路図・PCB共に同様の操作となります。
(1) 【プロジェクト】
→【Elefab™】
→【見積り作成】
をクリック
  ブラウザが起動し、Elefab™の見積りページが開きます。自動的に基板情報が抽出され、基板寸法や構成層数などの情報が入力されます。
ご使用のブラウザやバージョンによって表示が異なる場合があります。

自動で入力された基板情報は水色の入力枠で表示されます。

自動入力される基板情報

見積り作成時に自動で抽出される基板情報は以下の通りとなります。
回路図シートから見積り作成を行う場合は「Elefab™見積条件」の設定にて各種設定を行うことが可能です。

■回路図
・タイトル
 プロジェクト名を抽出します。

・ピン数
 回路図シート上に配置されている部品の総ピン数を抽出します。

・部品表
 回路図シート上に配置されている部品から部品表を作成し、自動的にElefab™へとアップロードします。

■PCB
・タイトル
 プロジェクト名を抽出します。

・基板サイズX、基板サイズY
 PCBシート内のBoard層に配置されているオブジェクトの最大外形を抽出します。

・層数
 物理層の層構成から層数を抽出します。

・材の厚み
 物理層設定の板厚の値を抽出します。

・レジスト印刷
 PCBシート内のSolder層からレジストの有無、配置面を判定し、結果を抽出します。

・シルク印刷
 PCBシート内のSilk層からシルクの有無、配置面を判定し、結果を抽出します。

・長穴
 PCBシート内の長穴有無を判定し、結果を抽出します。

・ピン数
 PCBシート上に配置されている部品の総パッド数を抽出します。

・実装面(SMD)
 PCBシート内のSMDパッドの実装面を判定し、結果を抽出します。

・実装面(DIP)
 PCBシート内のDIPパッドの実装面を判定し、結果を抽出します。

・部品表
 PCBシート上に配置されている部品から部品表を作成し、自動的にElefab™へとアップロードします。