Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 外部連携

Quadcept Designファイル出力

QuadceptのASCIIファイル出力方法をご紹介します。

配線情報(.layout)・部品情報(.part)・層情報(_stack.md)・部品表(_bom.csv)の4種類のファイルが出力されます。

※高速伝送路解析サービスへの連携が可能となります。

Quadcept Designファイル出力方法
Quadcept Designファイル出力(ASCII)方法をご紹介します。
(1) 【ファイル】→【出力】
→【Quadcept Designファイル出力】
  ⇒ASCIIファイルの出力を行います。

(2) エクスプローラーが開き保存先を指定
  ⇒保存先はフォルダー単位となります。
ファイルの保存先を指定します。

(3)

「PartName」として出力する属性を指定し【OK】

   

(4) 保存が完了します

 

高速伝送路解析サービスについて

近年、電子回路の集積化技術向上に伴い、シグナルインテグリティ(SI)とパワーインテグリティ(SI)、そして、EMIなど多くのノイズ問題を抱えている企業様も多く聞きます。
設計段階で解析作業はしたけど、解析ソフトも高額、ノウハウを持っていないなど、解析作業をするまでのハードルも高いのが現状です。
Quadceptでは【解析ソフト不要】【解析専任者不要】の新しい解析サービスを開始いたします!!

高速伝送路解析サービスについての詳しい説明はこちら