Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : DRC/MRC設定

クリアランス(MRC)

MRCのクリアランス設定では、各オブジェクト間のクリアランス(間隔)の設定を行うことができます。MRCは製造的な観点からのチェックとなり、シルク間やレジスト間等のクリアランス違反をチェックすることが可能です。

DRC/MRC設定画面の開き方はDRC/MRC設定についてを参照してください。

クリアランス設定例


設定

クリアランスの設定を行います。

クリアランスの設定方法
実際の設定を行います。
  個別で値を設定したい場合は、テキストボックスに値を入力することができます。
クリアランスの設定は縦軸と横軸の交わるところが適用されます。
赤枠の場合、「シルク」と「ソルダレジスト」のクリアランスは「0.2」となります。
  ボタンを押下すると、縦一列、横一列、すべてを一括で設定することができます。
  「シルク」ボタンを押下した場合、先頭の項目の値が一列に設定されます。

 


クリアランス設定

設計時のオブジェクト間クリアランスを指定します。
 

クリアランス設定例

クリアランス設定の内容紹介
項目名 内容

すべて

「すべて」をクリックすると表のすべてのクリアランス値を一括で変更できます。

シルク図形

シルク図形に対するクリアランス値を設定します。

シルク文字

シルク文字に対するクリアランス値を設定します。

ソルダレジスト

ソルダレジストに対するクリアランス値を設定します。

銅箔

銅箔文字以外の銅箔に対するクリアランス値を設定します。

ドリル

ビアやパッドにランド(銅箔部分)がない場合のドリルに対するクリアランス値を設定します。

基板外形

基板外形に対するクリアランス値を設定します。

銅箔文字

銅箔文字に対するクリアランス値を設定します。

チェック対象外にする項目は負数(-1など)を入力してください。