回路図エディタ : ポートを配置する

ポートアドレス操作

ポートアドレスとは配置済みのポート近くに飛び先アドレスを表示する機能のことです。

ポートアドレスを更新すると自動的にポートアドレスを表示し、図面上から目視で飛び先を確認できます。
設計中は、ポートアドレス飛び先一覧によって飛び先の一覧を確認でき、飛び先に画面移動させることができます。

ポートアドレス表示例

ポートアドレスの更新とポートアドレスクリア、ポートアドレスの飛び先一覧確認及び画面移動についてご紹介いたします。

・ポートアドレスの更新
・ポートアドレスクリア
・ポートアドレス飛び先一覧及び画面移動

 


ポートアドレスの更新

回路図に配置したすべてのポートのアドレスを自動的に生成します。
ポートアドレスの更新を行うことで、アドレス(飛び先)への画面移動が行えるようになります。
ポートアドレスの更新は下記作業となります。

(1) 【プロジェクト】
→【ポートアドレス】
→【ポートアドレス更新】
をクリック
  ポートアドレスが表示されます。

 


ポートアドレスのクリア

ポートアドレスの更新によって生成したポートのアドレスをクリアします。
ポートアドレスのクリアは下記作業となります。

(1) 【プロジェクト】
→【ポートアドレス】
→【ポートアドレスのクリア】
をクリック
  ポートアドレスがクリアされます。

 


ポートアドレス飛び先一覧及び画面移動

表示されているポートアドレスの飛び先を確認し、画面移動を行います。ポートの飛び先を探す場合に使用します。
ポートアドレスへの画面移動は下記作業となります。

(1) 【ポート】または【ポートアドレス】を選択
(2) 右クリック→
【ポートアドレス飛び先一覧】
をクリック
(3)

「ポートアドレス」画面で一覧が表示されます。
確認したいポートアドレスをダブルクリック

  指定のポートアドレスへ画面移動します。

ポートアドレス飛び先一覧の画面でShiftキーを押しながらダブルクリックすると、パンではなくフィットします。
図面全体を表示した上で該当のオブジェクトをハイライトするので、位置を確認する場合に便利です。