Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 環境設定

作図(回路図)

回路図作成時における設計作業領域の作図表示、動作設定を行います。

環境設定の設定画面の表示方法は環境設定についてをご覧ください。

作図(回路図)画面


表示

表示に関する設定を行います。

項目 内容

Guideを表示する

Guide線の表示/非表示設定を行います。
チェックを入れると設計作業領域でGird線が表示されます。

Guideを表示する

Guide線の表示/非表示設定を行います。
チェックを入れると設計作業領域でGuide線が表示されます。

Gird/Guide種類

Girdの表示を「格子」「ドット」から選択できます。

格子 ドット

設計指示部品にバルーンを表示する

PCB設計指示を行なっている部品にバルーン表示されます。

設計指示結線を太線で強調表示する

PCB設計指示を行なっている結線を指定線幅で強調表示します。

 


編集許可

編集許可に関する設定を行います。

項目 内容

部品のピン移動を許可する

回路図に配置した部品のピンの移動許可/不許可設定を行います。
チェックを入れると部品内のピンが移動可能になります。

ピン番号/名称の移動を許可する

回路図に配置した部品のピン番号/名称の移動許可/不許可設定を行います。
チェックを入れると部品内のピン名称/番号が移動可能になります。

 


クロスプローブ

クロスプローブ機能の設定を行います。

項目 内容

回路図/PCBシート間の選択同期を有効にする

回路図/PCBシート間の同一オブジェクトを同期的に選択するかどうかを設定します。
チェックを入れると回路図/PCBのどちらかのシートでオブジェクトを選択した際に
もう一方のシートでも同一のオブジェクトを選択することが可能になります。

 


移動

移動に関する設定を行います。

項目 内容

ピンポイントを基準にして移動する

ピンや部品移動時に、ピンポイントにマウスカーソルをスナップさせて
移動するかどうかの設定を行います。チェックを入れると、ピンや部品移動時に
マウスカーソルに一番近いピンポイントにマウスカーソルがスナップします。

オブジェクトにスナップする

Guide線にオブジェクトやピンポイントなどがのってなくてもスナップをするか
どうかの設定を行います。チェックを入れると、Guide線にのっていないオブジェクトや
ピンポイントなどがのっていなくてもスナップします。
スナップするオブジェクトは画面内に表示されているオブジェクトに限ります。

作図オブジェクトのドラッグ移動を許可する

作図オブジェクトのドラッグ移動の許可設定を行います。
チェックを入れるとオブジェクトを直接ドラッグ移動できるようになります。
ドラッグ移動開始移動幅の設定も行えます。

 


カーソル

マウスカーソル表示に関する設定を行います。

項目 内容

タイプ

【オブジェクト編集時に表示する】/【常に表示する】から選択ができます。

形状

マウスカーソルの形状を選択します。

形状1 形状2