回路図エディタ : 各種便利機能

シンボルを部品に交換

Quadceptではメーカーや品番は決めずに「抵抗10Kを使いたい」場合などに、シンボルで仮置きして回路作成を進めることができます。
ここでは、後からシンボルを部品化するための機能をご紹介します。

部品を部品に交換する場合は、【部品交換】を行ってください。

シンボルを部品に交換する方法
シンボルを部品に交換する方法をご紹介します。
(1) 置き換えたいシンボルを選択
(2) 右クリック
→【シンボルを部品に交換】
を選択
(3) 部品を選択
(4) 「アサイン」クリック
(5) 同一シート内の同一部品も交換する場合は「はい」クリック
※選択部品だけ交換する場合は「いいえ」をクリックください。
(6) 「OK」をクリック
  部品が置き換わります。

複数シンボルを選択して実行すると、一括で部品に交換できます。

シンボルを重ねて置き換える置き換え交換でも行うことができます。

ゲートシンボルを部品に交換する場合、プロジェクト内に既に同じ部品が配置されていれば未使用のゲートを優先してアサインできます。

属性検索の使い方

シンボルに属性を設定しておくと、部品に交換する際に「属性検索」を行うことができます。
抵抗=10K の抵抗をシンボルで仮置きしていたとします。
このシンボルを選び、「属性検索」を押下すると、自動的に「このシンボルが使われている部品で、抵抗=10K が設定されているもの」を検索する検索条件が入ります。