Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 設計/編集の基本操作

表示の拡大縮小

回路図設計/編集時によく使われる表示の拡大/縮小についてご紹介いたします。

回路図、プレビューの表示倍率の変更をする機能です。下に画面の拡大縮小の例を示します。

画面の拡大縮小

※動画を別ウィンドウ大画面設定で見たい方は(http://www.youtube.com/embed/ekPf4ixvzsQ?rel=0)

操作方法

変更方法は以下の方法があります。

・マウスから変更する方法
・メニューから変更する方法
・キーボードから変更する方法

 


  拡大 縮小 フィット
(自動的に倍率と表示位置を計算し、
図内のすべてのオブジェクトを
画面表示します。)

マウス操作

 スクロールボタンを
奥にスクロールします。

スクロールボタンを
手前にスクロールします。

-

メニュー操作

 【ウインドウ】
→【拡大】

【ウインドウ】
→【縮小】

【ウインドウ】
→【フィット】

キーボード操作
(ショートカット)

 【キーボード】
→【PageUp】

 【キーボード】
→【Next(PageDown)】

 【キーボード】
→【D1(メインキーボード上1 キー)】

プレビューの拡大・縮小はマウスのみの操作となります。

画面上からエリアを選択して拡大/縮小できるマーキーズーム機能もあります。

フィットには選択オブジェクトを基準にしたものや基板外形を基準にしたものなど多彩に用意しています。
詳しくはフィットを参照ください。