Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

回路図エディタ : 部品を配置する

オルタネート(形状)の切り替え

シンボル作成時にオルタネート(代替シンボル)を登録することができます。
ここではオルタネート登録があるシンボル/部品配置時にオルタネート切り替えを行う方法をご紹介します。

オルタネートの切り替え例 (ド・モルガン)

オルタネート1 オルタネート2

部品配置中のオルタネートの切り替え

部品配置中は以下の2通りの方法でオルタネートの切り替えを行うことが可能です。

プロパティウィンドウから切り替え
右クリックメニューから切り替え

プロパティウィンドウから切り替え
プロパティウィンドウのシンボル名からオルタネートを切り替える方法をご紹介します。
  シンボル名に「U_NOR1」が表示されています。
(1) シンボル名を変更
  シンボル名が「U_NAND_Alt」に変更され、シンボル形状が変更されます。

 

右クリックメニューから切り替え
部品配置時に右クリックメニューからオルタネートを切り替える方法をご紹介します。
(1) 部品配置中に
右クリック
→【オルタネート】
を選択
  オルタネート形状が切り替わります。
ショートカットキー「Space」でも「オルタネート」の実行が可能です。

オルタネート部品の作成については部品の作成方法シンボルの作成方法を参照ください。

部品配置後のオルタネートの切り替え

部品配置後は以下の3通りの方法でオルタネートの切り替えを行うことが可能です。

プロパティウィンドウから切り替え
右クリックメニューから切り替え
「部品」ダイアログから切り替え

プロパティウィンドウから切り替え
プロパティウィンドウのシンボル名からオルタネートを切り替える方法をご紹介します。
(1) 部品を選択
(2) シンボル名を変更
  シンボル形状が変更されます。

 

右クリックメニューから切り替え
右クリックメニューからオルタネートを切り替える方法をご紹介します。
(1) 部品を選択後、
右クリック
→【オルタネート】
を選択
  オルタネート形状へと切り替わります。
ショートカットキー「Space」でも「オルタネート」の実行が可能です。

 


「部品」ダイアログから切り替え
「配置」ダイアログから部品のオルタネートを切り替える方法をご紹介します。
(1) 部品を選択して、ダブルクリック
(2) オルタネートの切り替えボタンをクリック
  プレビューで形状を確認できます。
(3) 「OK」をクリック
  オルタネートが変更されます。