Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : ライセンス管理

ビューアーモードについて

ライセンス未取得時に制限を越えるデータを開いた場合、自動的にビューアーモードとなります。ビューアーモードでは部品や図面の編集はできず、各オブジェクトが持つネットや属性等の情報のみが参照可能です。各エディションの制限内容は以下の通りとなります。

■コミュニティ版     : 1000パッドまで
■プロフェッショナル版  : 100パッド/4層まで(ライセンス未取得時)

ビューアーモード画面

ビューアーモード時に使用可能な機能について

ビューアーモード時に可能な操作につきましては、以下の通りとなります。

共通 表示位置の移動
表示の拡大縮小
エリアを選択して拡大(マーキーズーム)
フィット
更新
選択(回路図PCB)
すべて選択
フィルタ(回路図PCB)
検索(回路図PCB)
プロジェクト別名保存
印刷(回路図PCB)
画面キャプチャ
領域指定キャプチャ
部品属性情報表示(回路図PCB)
同一座標の別オブジェクト選択(回路図PCB)
同一属性文字選択(回路図PCB)
同一部品選択(回路図PCB)
結線・配線の選択(回路図PCB)
設計指示部品バルーン表示切り替え(回路図PCB)
回路図 ネット/ピン情報表示
設計指示結線強調表示
同一ピン選択
PCB 配線長情報表示
ものさし
基板情報表示
層変更
直前の層へ移動
輪郭表示切り替え(全オブジェクト)
Reference
ピン番号
ネット名
部品番号
部品位置固定マーク
DRCエラーマーク
MRCエラーマーク
ラッツ/ネット色設定
ネット色割り当て
ネット色解除
ラッツ表示
ラッツ非表示
クロスプローブ