Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

回路図エディタ : 部品を配置する

部品配置

回路図に部品の配置を行う操作をご紹介いたします。
部品の作成方法はこちらを参照ください。
また、Quadceptが管理するクラウドサーバー保管されているshare(共有部品ライブラリ)から、直接、部品を配置することもできます。
たくさんある部品の中から目的の部品をすばやく見つけるには属性や型番で検索できる部品検索が便利です。

部品の配置には2つの方法があります。

方法1.部品ウィンドウから部品配置
方法2.部品配置ダイアログからの部品配置

部品ウィンドウから部品配置

右ウインドウにある部品ウインドウを使用して部品を配置します。
部品ウインドウからの部品配置は下記作業となります。

(1) 【部品ウインドウ】を有効
(2) 【部品】の選択
(3) ディレクトリを選択
(4) 【部品リスト】から配置したい部品を選択
(5) 【配置】をクリック、または/配置したい部品をダブルクリック ⇒ 部品配置モードになります。
(6) 回路図上の配置したい場所でクリック

「サブディレクトリを含める」にチェックを入れると、選択しているディレクトリ以下の部品がすべて表示されるようになります。

 


部品配置ダイアログからの部品配置

部品配置ダイアログを使用して部品を配置します。
部品配置ダイアログからの部品配置は下記作業となります。

(1) 【回路図作成】
→【部品】
をクリック
⇒【部品配置ダイアログ】を開きます。
  ストロークメニューも便利です。
(2) ディレクトリを選択
(3) 【部品リスト】から配置したい部品を選択
(4) 【配置】をクリック、または/配置したい部品をダブルクリック ⇒ 部品配置モードになります。
(5) 回路図上の配置したい場所でクリック

部品/シンボル配置時にReferenceは自動的に作成されますが後で編集も可能です。
回転・反転時、Reference位置が自動調整されます。

多ゲート(バンク分け)の部品はシートをまたいで配置することができます。