Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 環境設定

初期環境設定

各ドキュメント新規作成時の初期設定を保存しておくことができます。

ドキュメントの種類毎に保存しておくことができるので、
よく使う設定はあらかじめ初期設定として保存しておくことをお勧めします。

ドキュメントの種類と設定内容の適用タイミング

ドキュメントの種類 適用タイミング 保持する場所

図面枠

編集時 システム

ピン

編集時 システム

電源

編集時 システム

ポート

編集時 システム

シンボル

編集時 システム

部品

編集時 システム

フットプリント

新規作成時 ファイル

IPCフットプリント

編集時 システム

回路図/デバイスブロック

新規作成時 ファイル

PCB

新規作成時 ファイル

パネル

新規作成時 ファイル

プロジェクト

新規作成時

ファイル


方法は2つあります。初期環境設定方法

・各ドキュメントの設定を初期設定として保存する方法
・各ドキュメントの設定ファイルを保存し、初期設定として登録する方法

 

環境設定の設定画面の表示方法は環境設定についてをご覧ください。

初期環境設定画面

 


各ドキュメントの設定を初期設定として保存する方法
設定を行う時に初期設定を行う方法をご紹介します。
※ここでは回路図シートの設定でご紹介しています。
(1) ドキュメントを開く
(2) 【各種設定】
→【設定】
を開く

(3) 「設定保存」
→「初期環境設定に保存する」
を選択

(4) 保存したい項目にチェックを入れて「OK」をクリック

(5) 「OK」をクリック


 

各ドキュメントの設定ファイルを保存し、初期設定として登録する方法
保存した設定ファイルを初期設定として登録する方法をご紹介します。
※ここでは回路図の設定を新規作成時の初期設定として登録する方法をご紹介します。
(1) ドキュメントを開く。
(2) 【各種設定】
→【設定】
を開く
(3) 「設定保存」
→「設定を保存する」
をクリック
(4) 保存したい項目にチェックを入れて「OK」をクリック
(5) ディレクトリを選択し、ファイル名を入力して「OK」をクリック
(6) 「OK」をクリック
(7) 左上の設定から「システム」を選択
(8) 「初期環境設定」を選択
(9) 初期環境設定したいドキュメントの「...」ボタンをクリック
(10) 設定ファイルを選択して「OK」をクリック

(11) 初期環境が設定されていることが確認できます。
(12) 「OK」をクリック

インストール時の初期設定に戻す場合は「クリア」ボタンを押下して設定を解除ください。

設定保存メニュー

メニュー名 内容説明

設定を保存する

設定を保存します。
一部の設定を保存することもできます。

初期環境設定に保存する

現在の設定を初期環境設定として保存します。
一部の設定のみを初期環境設定とすることも可能です。

設定読み込みメニュー

メニュー名 内容説明

設定ファイルを読み込み

保存した設定ファイルを読み込みます。
一部の設定を読み込むこともできます。

初期環境設定を読み込み

初期環境設定を読み込みます。
初期環境設定の一部の設定を読み込むこともできます。

システムの初期設定に戻す

システムの初期設定を読み込みます。
Quadceptのシステム値(インストール時の値)を読み込みます。
システムの初期設定の、一部の設定を読み込むこともできます。

設定が編集状態の場合、設定を読み込むことができません。
「適用」ボタンで確定してから設定を読み込んでください。