プリント基板CAD : 各種便利機能

型抜き(シルクカット)

「型抜き」は「一番目に選択したオブジェクト」を「二番目に選択したオブジェクト」でカットすることができる機能です。PCB/パネル/フットプリントシートで使用でき、シルクとレジストが重複している場合など、不要なオブジェクトを取り除きたい場合に便利です。

シルク:基板外形 ベタ:シルク ベタ:配線

PCB/パネルシートにて、フットプリント内のオブジェクトを「型抜き」の対象としたい場合は「部品内編集を有効」にチェックを入力してください。部品内編集を有効とすることでフットプリント内のオブジェクトを編集することが可能となります。

型抜きの方法(シルク:基板外形)
「型抜き」の機能を使用し、基板外形からはみ出したシルクをカットする方法をご紹介します。
(1) 【編集】→【型抜き】
を選択
その他、右クリックメニューからも実行が可能です。

 

(2) 「プロパティ」ウィンドウにて任意のクリアランス値を設定

 

(3) 一つ目のオブジェクトとしてシルクを選択  
  ⇒一つ目に選択したオブジェクトが『カットされる』対象となります。  
(4) 二つ目のオブジェクトとして基板外形を選択  
  ⇒二つ目に選択したオブジェクトが『カットする』対象となります。  
設定したクリアランス値を確保して、型抜きが行われます。    

 

 

その他使用例(ベタ:シルク)
ベタをシルク文字で切り抜く場合の方法をご紹介します。
(1) カットされるオブジェクトとしてⒶ「ベタ」を選択
(2) カットするオブジェクトとしてⒷ「シルク」を選択
  ⇒シルク文字の形状でベタが型抜きされます。

 

その他使用例(ベタ:配線)
ベタを配線で切り抜く場合の方法をご紹介します。
(1) カットされるオブジェクトとしてⒶ「ベタ」を選択
(2) カットするオブジェクトとしてⒷ「配線」を選択
  ⇒配線の形状でベタが型抜きされます。

 

選択対象外オブジェクトについて

「型抜き」機能において、以下のオブジェクトは選択対象外となります。

■選択対象外オブジェクト(一つ目のオブジェクト選択時):
  テキスト、図、パッド、ビア、一点接続、寸法線、カットアウト、フットプリント、ラッツ、パネル、エラーマーク
■選択対象外オブジェクト(二つ目のオブジェクト選択時):
  図、一点接続、寸法線、カットアウト、フットプリント、ラッツ、パネル、エラーマーク