Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : ファイル操作

データベース間コピー

現在使用中のQDB(Quadcept データベース)とその他のQDBとの間でデータの送受信を行うことができます。
取引会社や部署ごとにQDBを分けている等、複数のQDBが存在する場合、各種データのやり取りを簡単に行うことが可能です。


データベース間コピー実施方法
現在使用中のQDBとその他のQDBとの間でデータの送受信を行う方法をご紹介します。
(1) 【ファイル】
→【データベース間コピー】
をクリック
(2) 「開く」ダイアログから任意のqdbファイルを選択し「OK」をクリック
⇒「データベース間コピー」画面が開きます。
(3) コピーしたいオブジェクトを選択後、入力先のディレクトリを指定し、
「→」右矢印 もしくは
「←」左矢印をクリック


ディレクトリを選択後
【→ ALL 】右矢印ALL もしくは
【← ALL 】左矢印ALLをクリックすることでディレクトリ内の全てのオブジェクトをコピーすることも可能です。


(4) 既に同一IDが存在している場合は上書き保存確認のダイアログが表示されるので、
「上書き保存する」
もしくは、
「別IDで保存する」を選択
選択したオブジェクトが指定のディレクトリへコピーされます。


 

データベース間コピー画面説明

データベース間コピー画面

項目 内容

表示内容

一覧に表示するオブジェクトの種類を指定することができます。

オブジェクトデータのお気に入り設定を表示します。

名前

オブジェクトデータの名称を表示します。

更新日

オブジェクトデータの最終更新日を表示します。

履歴

オブジェクトデータの更新回数を表示します。

ID

オブジェクトデータのIDを表示します。

サブディレクトリを含める

チェックを付けることで、選択したディレクトリ階下のサブディレクトリ内に存在するオブジェクトも含めて表示します。