Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : パネライズ(面付け)

パネライズ(面付け)

パネルシートを使うことで、パネライズ(面付け)を行うことができます。
※面付けされたPCBシートをパネルと呼びます。
同種基板、異種基板を複数面付けすることが可能です。

パネライズ(面付け)

基板の面付けで入力するもの

基板の面付け作業では「捨て基板」「ルーター/ミシン目/VCutの作成」「フィデューシャルマーク」の配置などのさまざまな作業があります。
Quadceptではこれらの面付け作業を簡単にする機能を用意しています。

・捨て基板
幅は10mm程度が一般的です。捨て基板には基板反り抑制の為、各層にベタを配置します。

・ルーター/ミシン目/VCut
基板を単品に切り分けられるようにルーター/ミシン目/VCut等を追加します。

・フィデューシャルマーク(認識マークなどともいいます。)
部品実装時の位置合わせに使用します。基板の対角、または四隅に配置します。

・基準穴
捨て基板の端のφ3.0~4.0程度のノンスルーホール。基準ピンを立て部品実装機にセットする場合に使用します。

・合わせマーク(トンボマークなどともいいます。)
位置合わせと大きさ確認に使用します。

・基板外文字
ガーバー印刷などされた際に表示させることができる各層に対して配置された文字。ガーバーデータの確認に使用します。

 

パネル操作

ここではパネルに関するさまざまな操作をご紹介します。

パネルシートの作成
パネル配置
パネル更新
パネルからPCBの抽出を行う

 

パネルシートの作成

パネルシートは以下の2通りの方法で作成が可能です。

既存プロジェクト内にパネルシートを作成
新規パネルプロジェクトを作成しパネルシートを作成

既存プロジェクト内にパネルシートを作成
既存プロジェクト内にパネルシートを追加する方法をご紹介します。
(1) プロジェクトウィンドウでプロジェクトを右クリックし、
【新規作成】
→【パネルシート追加】
を選択
  プロジェクトにパネルシートが追加され、ドキュメント領域にパネルシートが開きます。
その他、上部メニューより追加する方法もございます。詳しくはパネルシート追加をご参照ください。

 

新規パネルプロジェクトを作成しパネルシートを作成
新規にパネルプロジェクトを作成し、パネルシートを作成する方法をご紹介します。
(1) 【ファイル】
→【新規作成】
→【パネルプロジェクト】を選択
パネルプロジェクトが作成され、ドキュメント領域にパネルシートが開きます。
 

パネル配置

パネルシートに単基板を配置する方法をご紹介します。

パネル配置
パネルシートで行うことができる「パネル配置」操作をご紹介します。
同種基板を選択し、個数や角度、間隔などその他の設定を行ってPCB(パネル)を配置します。
※この操作を繰り返すことで異種基板を面付けすることも可能です。
(1) 【パネル】
→【パネル配置】を選択
(2) 「パネル配置」ダイアログにて設定を行い【OK】でPCB(単基板)を配置します。

「捨て基板」部分はパネルシート上でPCBシートと同様に「基板外形」として任意の形状を作成できます。

パネル配置画面の説明

対象ファイル
項目 内容

対象ファイル

パネルシートにパネライズ(面付け)を行う元となるPCBシートを「・・・」をクリックして選択します。
選択対象は“プロジェクト”となっており【OK】で決定となります。
※“プロジェクト”内に複数のPCBシートが存在している場合は、プロジェクト選択を【OK】した後、「対象ファイルの選択」ダイアログが表示され、対象となるPCBシートを選択します。

 

パネル設定
項目 内容

角度

パネルシートに配置されるPCB(パネル)の角度を設定します。

反転

パネルシートに配置されるPCB(パネル)の反転を設定します。

配置数

X軸方向・Y軸方向にいくつのPCB(パネル)を配置するか数を設定します。

間隔

原点から配置原点までの間隔(XA/YA)と、PCB(パネル)同士の間隔(XB/YB)を設定します。

配置原点

パネルシートの原点に対して、PCB(パネル)のどの位置を原点として合わせるかを設定します。

 

追加配置
項目 内容

基板外文字を配置する

チェックを付与することで基板外文字を配置することができます。

合わせマークを配置する

チェックを付与することで合わせマークを配置することができます。配置を行う場合、以下の設定が可能です。
「Reference」:合わせマークのReferenceを設定できます。
「形状」   :「…」から配置する合わせマークのフットプリントを選択できます。
「配置個数」 :配置する個数を設定できます。
※デフォルトとして「12_AlignmentMark」ディレクトリに用意したものがあります。

フィデューシャルマークを配置する

チェックを付与することでフィデューシャルマークを配置することができます。配置を行う場合、以下の設定が可能です。
「Reference」:フィデューシャルマークのReferenceを設定できます。
「形状」   :「…」から配置するフィデューシャルマークのフットプリントを選択できます。
「配置個数」 :配置する個数を設定できます。
※デフォルトとして「13_FiducialMark」ディレクトリに用意したものがあります。

 

配置位置
項目 内容

配置位置

「原点に配置する」か「マニュアルで配置する」(マウスによって任意の位置に配置する)かを設定します。

 

パネル更新
パネルシートで行うことができる「パネル更新」操作をご紹介します。
配置されているPCB(パネル)を更新し、現在のPCBデータの状態を反映させます。
(1) 【パネル】
→【パネル更新】を選択
(2) パネル更新が実行され「更新しました。」とメッセージが表示されます。

もしパネルシートを開いた際にパネル上のPCBに更新が見つかった場合は、パネルシートへ更新を反映するかのメッセージが表示されます。そのメッセージに対し「はい」を選択することでもパネル更新を行うことが可能です。

 

シート内のPCBを抽出
パネルシートで行うことができる「シート内のPCBを抽出」操作をご紹介します。
パネルシート内に配置されているPCB(パネル)を、同じプロジェクト内にPCBデータとして抽出します。
元のPCBデータが手元にない状態でも抽出することで編集を行うことができるようになります。
(1) 【パネル】
→【シート内のPCBを抽出】を選択
(2) PCBの抽出が実行され「抽出しました。」とメッセージが表示されます。
※「プロジェクト」ウィンドウのパネルシートと同プロジェクト内にPCBシートが抽出されています。