Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : DRC/MRC設定

差動ペア

差動ペアの設定を行います。
差動ペア設定を行うと「差動ペア配線」を行うことができ、配線後に「差動ペア配線長チューニング」で配線長を調整することができます。
DRCでは差動ペアのギャップ/配線長/許容差違反を検証します。

DRC/MRC設定画面の開き方はDRC/MRC設定についてを参照してください。


設定方法

設定には「アサイン」「ネットペア」「詳細設定」の3つのタブがあります。
ネットのペア設定を「ネットペア」タブ、実際の設定を「詳細設定」タブで行い、どのネットペアにどの設定を割り当てるかを「アサイン」タブで設定します。

作業手順について

STEP1:「ネットペア」タブで設定を行う
STEP2:「詳細設定」タブで設定を行う
STEP3:「アサイン」タブでネットペアに設定を割り当てる

各設定タブを下記に紹介します。

各設定タブの紹介
タブ名 内容

アサイン

ネットペア」タブで作成したネットペアに対し、「設定」の割り当てを行うことができます。

ネットペア

差動ペアを行いたいネットのペア設定を行います。

詳細設定

実際の設定を行います。
設定は複数定義しておくことができます。


ネットペア

ネットペアの設定を行います。

 


「ネットペア」の設定
差動ペアを行うネットのペア設定を行います。
(1) 「追加」をクリック
(2) ネットペア名を入力し「Enter」キーで決定
(3) プルダウンからネット名を設定

 


詳細設定

実際の差動ペア設定を行います。
設定の追加方法は設定の追加方法を参照ください。

詳細設定タブの各種説明を行います。


 

層の設定

詳しくは層の設定を参照下さい。
 

ギャップ設定
項目名 内容

ギャップ

ペア配線間のギャップを設定します。

 

配線長設定
項目名 内容

配線長設定

「配線長設定」にチェック入れると、配線長を「配線長」か「許容差」でチェックを行えるようになります。

配線長を設定する

配線長が基準配線長と許容差内に収まっているかのチェックを行います。

許容差のみ指定する

複数配線同士が許容差内に収まっているかのチェックを行います。


アサイン設定

「アサイン」の設定
「ネットペア」で設定したネットペアに対し、「設定」を割り当てることができます。
「ネットペア」タブで設定したネットペアが表示されます。
(1) 設定を選択
ネットペアの「TxPair」は詳細設定の「TxSetting」を参照し、ネットペアの「RxPair」は詳細設定の「RxSetting」を参照します。