Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 設計準備

Grid設定

次に、使用する部品やクリアランスに合わせ、設計を行いやすいよう罫線の間隔(Grid)を設定します。Gridは設計中にも変更でき、オフセット機能を使用することで一時的にGridの発生原点を移動させることも可能です。

表示Grid=操作Grid

PCB Designerでは、「Grid」は回路図の「Guide」機能を内包しており「Grid」の設定のみとなります。


Grid

Gridに関する設定を行います。

項目 内容

Gridを表示する

Grid線の表示/非表示設定を行います。
チェックを入れると設計作業領域でGrid線が表示されます。

ピッチ

Grid線の間隔(操作Grid)

ハイライト

Grid線を強調表示(表示Grid)
※Grid線の等倍となり、Grid線の何本目という形でを指定できます。指定した個所のGrid線が強調表示されます。

オフセット

Grid線の基準点を設定することができます。
※指定した個所が一時的に原点となり、Gridの基準点となります。

表示種類

 

Gridの表示は「ライン」と「ドット」から選択できます。

ライン ドット

 

 

登録Grid

あらかじめ「名前」を付けて「ピッチ」「ハイライト」「オフセット」を登録しておくことができます。
登録されている設定はPCBシート上から『Grid』枠に入力することで設定を切り替えることが可能となります。

・【追加】にて新たなリストを作成
・【出力】にてリスト(.csv)を出力
・【入力】にて用意されているリスト(.csv)を入力

 

 


Gridの変更方法

Gridの設定は下記の手順より変更が可能です。

 

(1)

画面下部ステータスバーから【Grid】のプルダウン▼を押下し【GRID設定】を選択

 

※【Grid】のプルダウン▼を押下すると過去のGRID設定が表示され、選択することもできます。

(2) 「Grid」のダイアログが開きます
(3)

ピッチ、ハイライト、オフセット、表示種類を設定する。

※座標からオフセット基準点を選択する方法はこちらをご参照くださいませ。

(4) 【OK】をクリック

 

Gridのオフセット設定(仮想原点)方法

Gridの基準点を一時的に移動し、パッドなどにGridを載せることができます。
下記の手順より設定が可能です。

(1)

「Grid」ダイアログを呼び出す。

(2)

オフセット位置の座標を入力
※もしくは【↖】を【クリック】し、任意位置を【クリック】でオフセット位置の座標を読み込む。

(3)

オフセット位置の座標が入力された状態で【OK】を押下

(4)

指定した座標位置に「Grid」が一致した状態になります。