Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 部品を配置する

部品の移動

部品の移動方法には以下の方法があります。フットプリントやIPCフットプリントも同様です。

    説明

方法1

部品をドラッグ移動

カーソル直近のGridが基準となり移動します。

方法2

部品を移動モードで移動

部品原点を基準として移動します。
(連続で配置作業を行う時に便利です。)

方法3

部品をクリック選択し、「Enter」キーで移動

カーソル直近のGridが基準となり移動します。

方法4

部品パッドの中心を基準に移動

パッドを選択してから、移動グリッドをドラッグ移動することにより
パッド中心を基準に移動できます。
(1番ピンを基準にして配置作業を行うときに便利です。)

方法5

オブジェクトウィンドウで部品を選択して移動/連続移動

部品原点を基準として移動します。
(参照名を指定して配置作業を行うときに便利です。)

部品選択が行いにくい場合はフィルタ機能や、同一座標のオブジェクト選択をお使いください。

 


ドラッグ移動
一番簡単な移動方法です。カーソル直近のGridが基準となり移動します。
※ドラッグ移動はドラッグ移動モードが有効の場合のみとなります。
プロパティウィンドウの「モード」の「ドラッグ移動」設定をご確認ください。
(1) 部品をドラッグで移動します。

 


移動モードで移動
部品原点を基準として移動します。
(連続で配置作業を行う時に便利です。)
(1) 【編集】
→【移動】
を選択
(2) 移動したいオブジェクトを選択

⇒選択したオブジェクトが移動モードとなります。

※パッド/ビア/部品を選択した場合はオブジェクトの原点が移動の基準となり、その他のオブジェクトを選択した場合はクリックした近傍のGrid座標が移動の基準となります。
(3) 配置したい座標でクリック
※移動先の座標をクリックした段階では配置は仮確定となります。

キーボードの「Backspace」、もしくは右クリックメニューの「ひとつ戻る」から仮確定を解除し、再配置することが可能です。
(4) シート上の任意の位置をクリックし配置を確定
※複数のオブジェクトを選択し、まとめて移動することも可能です。
※オブジェクト選択後、シート上の任意の位置をクリックすることで移動モードとなります。範囲選択でオブジェクトを選択した場合は、クリックした箇所に赤い×印が表示され、その地点が移動の原点となります。

 


選択部品毎に移動
カーソル直近のGridが基準となり移動します。
※ショートカットキーは「Enter」に割り当てられています。
(1) 部品を選択
(2) 右クリック
→【移動・回転・反転】
→【選択オブジェクトの移動】
を選択
(ショートカットの「Enter」キーに割り当てられています。)

(3) 部品を配置したいところでクリック
もしくは「Enter」キーで配置

 


パッドの中心を基準に移動
パッドを選択してから、移動グリッドをドラッグ移動することにより
パッド中心を基準に移動できます。
(1番ピンを基準にして配置作業を行うときに便利です。)
(1) 基準としたいパッドを選択
(2) パッドの中心の選択ハンドル()にカーソルを合わせドラッグで移動します

 


オブジェクトウィンドウで部品を選択して移動/連続移動
オブジェクトウィンドウでダブルクリック時の操作を「移動」または「連続移動」に
設定して部品を移動配置する方法をご紹介します。
部品原点を基準として移動します。
(参照名を指定して配置作業を行うときに便利です。)
(1) オブジェクトウィンドウのダブルクリック時の操作を「移動」または「連続移動」設定
リスト内のフットプリントを複数選択し、右クリックで「連続移動」も可能です。
(2) 移動したい部品を選択し、ダブルクリックする
(3) ドキュメントウィンドウにカーソルを持っていくとカーソルに該当部品がくっついているので、任意の位置に配置する。
「連続配置」の場合は部品配置後オブジェクトウィンドウの次の部品が自動的に移動状態になります。