Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

回路図エディタ : 各種便利機能

DXF/DWG入力

他CADで作成した形状データを読み込むのにDXFやDWGを使うことができます。
図面枠を流用するのにも、他CADの回路図をトレースするのにも、さまざまな使い方ができます。

対応フォーマット

対応しているDXF,DWGフォーマットは以下のバージョンです。

 DXF ascii(R9,R10,R12,R13,R14,R15,R18,R21,R24,R27)
 DXF binary(R10,R12,R13,R14,R15,R18,R21,R24,R27)
 DWG(R12,R13,R14,R15,R18,R21,R24,R27)

 

対応ドキュメント

DXF/DWG入力できるドキュメントは以下のとおりです。

シンボル
図面枠
ピン
ポート
電源
回路図

 


DXF/DWGデータを読み込む方法

他CADで使用していた図面枠を流用したり、回路図のトレースを行う場合などにDXFデータまたはDWGデータを読み込む方法です。

DXF/DWGデータを読み込む方法
(1) 【ファイル】
→【入力】
→【DXF/DWG入力】
⇒「DXF/DWG入力」画面が開きます。
(2) 読み込み先「・・・」をクリック⇒「ファイルを開く」画面が開く。
(3) DXFファイルを選択
(4) 「開く」をクリック
(5) 「OK」をクリック
  DXFデータが読み込まれます。

 


DXF/DWG入力画面

項目 説明

入力ファイル

読み込むDXF/DWGファイルを指定します。

単位

DXF/DWG入力する単位を指定します。DXF/DWG出力時の単位と同じものを設定ください。

線幅を指定する

チェックを付けることで、DXF/DWG入力するラインの線幅を指定することができます。
線幅を指定しない場合は、DXF/DWG内のラインが保持している線幅で入力されます。
線幅を指定せず、かつ、DXF/DWG内のラインに線幅が設定されていない場合は、線幅「0」で入力されます。

入力レイアウト

レイアウトブロックの「*MODEL_SPACE」「*PAPER_SPACE」を選択します。
DXF/DWG出力時の設定と同じものを設定ください。

DXF/DWG層

読み込んだDXF/DWGファイルに指定されている層が一覧で表示されます。

配置位置

読み込んだDXF/DWGデータを「原点に配置する」か「マニュアルで配置する」かを選択することができます。