Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 部品を配置する

部品配置

PCBシート上に部品の配置を行う操作をご紹介いたします。

部品の配置には2つの方法があります。

方法1.部品ウィンドウから部品配置(オススメ)
方法2.部品配置ダイアログからの部品配置

部品の検索を行うには部品検索を参照ください。

share(部品共有ライブラリ)を利用してQuadceptで用意している「部品」を使うこともできます。

PCBに配置される全ての部品の“Reference”の形状はオブジェクトの設定により決められています。

LibraryCacheやmasuta-dbを有効にしている場合、配置の優先順位があります。
優先順位: 1. LibraryCache  2. masuta-db  3. local-db


部品ウィンドウから部品配置
右ウインドウにある部品ウインドウを使用して部品を配置します。
部品ウインドウからの部品配置は下記作業となります。
(1) 「部品ウインドウ」アイコンをクリック
(2) 「部品」(もしくは「フットプリント」、「IPCフットプリント」)を選択
(3) ディレクトリを選択
(4) 部品の一覧から配置したい部品を選択
(5) 【配置】をクリック、もしくは部品を【ダブルクリック】
⇒ 部品配置モードとなります。
(6) PCB上の配置したい場所でクリック

 


部品配置ダイアログからの部品配置
部品配置ダイアログを使用して部品を配置します。
部品配置ダイアログからの部品配置は下記作業となります。
(1)

【PCB作成】
→【部品】(もしくは【フットプリント】、【IPCフットプリント】)を選択
⇒「部品配置」ダイアログが開きます。

(2) ディレクトリを選択
(3) 部品の一覧から配置したい部品を選択
(4) 【OK】をクリック、もしくは部品を【ダブルクリック】
⇒ 部品配置モードになります。
(5) PCB上の配置したい場所でクリック

「サブディレクトリを含める」にチェックを入れると、選択しているディレクトリ以下のツリー内にある部品がすべて表示されます。

フットプリントに設定されているカスタマイズ層がPCBシートに存在していない場合、部品配置の際に自動的に層の追加を行います。

データベース内で誰かが部品を編集している場合、対象の部品がロック状態()となります。
通常通り部品配置は可能となりますが、編集されている可能性がございますのでご注意ください。

プレビュー画面

リスト内で選択した部品にアサインされている「シンボル」「フットプリント」をプレビュー画面で確認できます。
プレビューを確認するには、ダイアログ下部に表示されるサインされている「シンボル」「フットプリント」を選択してください。

登録されている「シンボル」「フットプリント」の形状を編集したい場合、
「シンボル」「フットプリント」を【右クリック】→【編集】にて形状の作成(編集)シートを開くことが可能です。