Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : フットプリント作成方法

番外:寸法線を作図する

Quadceptではフットプリント作成時やPCB設計時にフットプリントの寸法線を自動的に生成することができます。

自動的に作図される寸法線で足りない場合は、手動でも簡単に追加できます。寸法線についてを参照してください。

寸法線を作図する
部品の寸法線を自動的に作成する機能です。
この機能を使うと部品のパッドの大きさとパッド間隔、正式外形である「アセンブリ」の寸法線を自動的に生成します。
(1) 【PCB作成】
→【部品寸法線自動生成】を選択
⇒「寸法線自動生成」画面が開きます。
(2) 各種設定を行って「OK」をクリック
  寸法線が自動で作成されます。

 


寸法線自動生成画面

PCB画面上でフットプリントを複数選択した場合も寸法線の自動生成が可能です。
異なる形状を複数選択した場合、対象となる箇所のみが自動作成されます。


層設定
項目 内容

寸法線を生成する基準となる層を設定します。

パッド寸法線設定
項目 内容

層種類

パッドの寸法線を生成する層を選択します。

パッド径寸法線

パッド径の寸法線を表示するかを選択します。

パッド間寸法線

パッド間隔の寸法線を表示するかを選択します。「内側距離」「中心距離」「外側距離」から選択できます。

パッド合計幅寸法線

パッド全体の寸法線を表示するかを選択します。「内側距離」「中心距離」「外側距離」から選択できます。

パッド対角距離寸法線

パッドが対面にある場合に寸法線を表示するかを選択します。「内側距離」「中心距離」「外側距離」から選択できます。

アセンブリ寸法線設定
項目 内容

層種類

アセンブリの寸法線を生成する層を選択します。

アセンブリ寸法線

対象オブジェクトを「シルク+パッド」「Assembly層オブジェクト」「部品領域」から選択できます。
アセンブリ寸法線を表示するかを選択します。
※「シルク+パッド」はシルクやパッドから自動生成された領域で寸法を表示します。
   「Assembly層オブジェクト」は部品領域オブジェクトを除く、Assembly層オブジェクトの最大外形領域で寸法を表示します。
   「部品領域」は部品領域オブジェクトの最大外形領域で寸法を表示します。