Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 各種便利機能

DXF/DWG出力

QuadceptではDXFファイルやDWGファイルを出力することができます。

対応フォーマット

対応しているDXF,DWGフォーマットは以下のバージョンです。

フォーマット DXF ASCII DXF Binary  DWG
対応バージョン

R9
R10
R12
R13
R14
AC1015(2000)
AC1018(2004)
AC1021(2007)
AC1024(2010)
AC1027(2013)
AC1032(2018)

R10
R12
R13
R14
AC1015(2000)
AC1018(2004)
AC1021(2007)
AC1024(2010)
AC1027(2013)
AC1032(2018)

R12
R13
R14
AC1015(2000)
AC1018(2004)
AC1021(2007)
AC1024(2010)
AC1027(2013)
AC1032(2018)

 

対応ドキュメント

DXF/DWG出力できるPCBドキュメントは以下のとおりです。

フットプリント
PCB
ガーバー
パネル

DXF/DWGデータを出力する方法

QuadceptのデータからDXF/DWGデータを出力する方法について紹介します。

DXF/DWGデータを出力する方法
(1) 【ファイル】
→【出力】
→【DXF/DWG】
『DXF/DWG出力』ダイアログが開きます。
(2) 出力オプションを設定
(3) 「OK」をクリック
(4) ファイル名を入力
(5) 「保存」をクリック
(6) 「OK」をクリック

 


DXF/DWG出力画面(PCB)

項目 説明

フォーマット

DXF/DWG出力するフォーマットを指定します。

バージョン

DXF/DWG出力するバージョンを指定します。

単位

DXF/DWG出力する単位を指定します。

ブロックモードで出力

フットプリント単位でブロック化を行います。フットプリントに属するオブジェクトが一つの層にまとまって出力されます。

配線モード

配線の出力モードを切り替えることができます。※画像の上の丸形状はパッドの輪郭線です。

線幅 中心線 輪郭

 

ティアドロップを出力

ティアドロップを出力するかを設定できます。

ティアドロップあり(配線モード:線幅の場合) ティアドロップなし(配線モード:線幅の場合)

 

ポリゴン/ベタを一筆書きで出力

ポリゴン/ベタを一筆書きで出力することでカットアウトを抜いたデータとして出力することが可能です。

終端形状

 ラインや配線の終端形状を選択できます。

終端を丸型で出力 終端を矩形で出力

※Quadceptで読み込んだ場合、まだラインの終端に矩形のモードがないため、丸型で読み込まれます。

出力層

出力する層の種類と色を確認することができます。
チェックボックスで各層の出力の可否を選択でき、色の変更も行うことができます。

出力オブジェクト

チェックボックスで出力オブジェクトを選択できます。

パッドやビア、ドリル、ベタ、禁止領域、デザインルール領域、塗り図形は輪郭で出力されます。

 


DXF/DWG出力画面(ガーバー)

項目 説明

フォーマット

DXF/DWG出力するフォーマットを指定します。

バージョン

DXF/DWG出力するバージョンを指定します。

単位

DXF/DWG出力する単位を指定します。

ブロックモードで出力

同じアパーチャーの場合は、ブロックとしてまとめて出力するかを選択できます。
ブロックモードとすることでデータ量を削減することができます。

出力層

出力する層の種類と色を確認することができます。
チェックボックスで各層の出力の可否を選択でき、色の変更も行うことができます。

テキスト文字はラインで出力されます。
Windowsフォントは輪郭で出力されます。