プリント基板CAD : IDF入出力

IDF出力

QuadceptではPCBの設計画面からIDF V3.0フォーマットのファイルを出力できます。
IDF(Intermediate Data Formatデータは 電子基板CADと機械系3次元CAD間における
3次元中間フォーマット形式でIDFファイルを出力することで3D CADとの連携を行うことができます。
また3D CAD側で部品位置を調整した後に、IDFファイルを読み込むことでPCB設計図面上の部品位置に反映することができます。

IDFファイルの出力方法を以下にご紹介します。

IDF出力

PCBドキュメントからIDFファイルを出力する方法をご紹介します。
IDFファイルには基板外形、ドリル、部品の情報が出力されます。

(1) 【ファイル】
→【出力】
→【IDF出力】
を選択。
⇒「IDF出力」画面がひらきます。
(2) 「・・・」ボタンをクリック
⇒「ファイルを開く」画面がひらきます。
(3) ファイル名を入力し、「保存」をクリック。
(4) 設定を行い、「OK」をクリック。
※設定の詳細はIDF出力設定を参照してください。

 


IDF出力設定
項目 内容

保存先

IDF出力ファイルの保存先を選択します。

単位

「mm」「mil」「inch」から出力単位を選択します。

少数桁数

少数桁数を設定します。

拡張子

出力ファイルの拡張子を設定できます。

種類数 部品座標ファイル 基板情報ファイル
1 emn

emp

2 brd

lib

3 brd

pro

4 bdf

idf

5 idb

idl

 

板厚

基板の厚さを設定します。

部品の高さは各フットプリントに設定されている「部品高さ」で出力されます。