Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 各種出力(CAM、ドリル、部品座標など)

ODB++出力

ODB++ファイルの出力方法をご紹介します。

ODB++ファイルと設定についてはPCB設定の「ODB++」を参照してください。

ODB++ファイルには、部品座標情報やネット情報、ドリル情報など、さまざまな情報が含まれています。
その為、ガーバーデータのようにいくつものファイルを用意することなく、ODB++ファイルだけで基板製造が行えます。


ODB++ファイルに含まれる情報

・製造用データ(基板外形、ガーバー、ドリル含む)
・部品情報(座標/形状含む)
・ネット接続情報
 ※QuadceptではBOMは出力していません。

 

ODB++出力
ODB++の出力方法を下記にご紹介します。
(1) 【プロジェクト】
→【ODB++】
→【ODB++出力】
を選択
⇒フォルダーの選択画面が開きます。
(2) フォルダーを選択し「フォルダーの選択」ボタンをクリック
(3) メッセージが表示されるので「OK」ボタンクリック
フォルダー内にODB++ファイルが出力されます。