Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 環境設定

作図(PCB)

PCB作成時における設計作業領域の作図表示、動作設定を行います。

環境設定の設定画面の表示方法は環境設定についてをご覧ください。

作図(PCB)画面


表示

表示に関する設定を行います。

項目 内容

ネット色で表示する

ネットに対し設定したネット色で表示を行います。
チェックを入れない場合は、層設定で行った色で表示されます。
※その他、いくつかの切り替え方法があります。詳細はネット色表示切り替えをご確認ください。

オブジェクトを塗り込み表示する

全てのオブジェクトを塗り込み状態で表示します。
チェックを入れない場合は、輪郭表示となります。
※その他、いくつかの切り替え方法があります。詳細はオブジェクトの塗り込み表示/輪郭表示切り替えをご確認ください。

Referenceを表示する

部品/フットプリントにReferenceを表示します。チェックを入れない場合は非表示となります。
※その他、表示オプション等からも切り替えが可能です。詳細はReference(リファレンス)をご確認ください。

ピン番号を表示する

パッド内にピン番号を表示します。チェックを入れない場合は非表示となります。
※その他、表示オプション等からも切り替えが可能です。詳細はピン番号をご確認ください。

ネット名を表示する

パッド/ビア内にネット名を表示します。チェックを入れない場合は非表示となります。
※その他、表示オプション等からも切り替えが可能です。詳細はネット名をご確認ください。

部品番号を表示する

部品/フットプリントの中心に部品番号を表示します。チェックを入れない場合は非表示となります。
※その他、表示オプション等からも切り替えが可能です。詳細は部品番号をご確認ください。

部品位置固定マークを表示する

部品位置固定マークを表示します。チェックを入れない場合は非表示となります。
※その他、表示オプション等からも切り替えが可能です。詳細は部品位置固定マークをご確認ください。

設計指示部品にバルーンを表示する

PCB設計指示が入力されている部品にバルーンを表示します。チェックを入れない場合は非表示となります。
※その他、表示オプション等からも切り替えが可能です。詳細は設計指示部品バルーンをご確認ください。

DRCエラーマークを表示する

DRCのエラーマークを表示します。チェックを入れない場合は非表示となります。
※その他、表示オプション等からも切り替えが可能です。詳細はDRCエラーマークをご確認ください。
※DRCについてはDRC/MRC実行を参照してください。

MRCエラーマークを表示する

MRCのエラーマークを表示します。チェックを入れない場合は非表示となります。
※その他、表示オプション等からも切り替えが可能です。詳細はMRCエラーマークをご確認ください。
※MRCについてはDRC/MRC実行を参照してください。

 


ズーム倍率

画面の拡大率に関する設定を行います。

項目 内容

ズーム倍率

表示の拡大縮小を行う際の拡大倍率を設定することができます。
倍率は[1.1-5.0]から設定が可能です。

 


移動

移動に関する設定を行います。

項目 内容

オブジェクトにスナップする

Gridにオブジェクトやピンポイントなどがのってなくてもスナップをするかどうかの
設定を行います。チェックを入れると、Grid線にのっていないオブジェクトや
ピンポイントなどがのっていなくてもスナップします。
スナップするオブジェクトは画面内に表示されているオブジェクトに限ります。

作図オブジェクトのドラッグ移動を許可する

作図オブジェクトのドラッグ移動の許可設定を行います。
チェックを入れるとオブジェクトを直接ドラッグ移動できるようになります。
ドラッグ移動開始移動幅の設定も行えます。

 


カーソル

マウスカーソル表示に関する設定を行います。

項目 内容

タイプ

【オブジェクト編集時に表示する】/【常に表示する】の選択ができます。

形状

マウスカーソルの形状を選択します。

形状1 形状2

 

3D

3D表示に関する設定を行います。

項目 内容

簡易モードで描画する

チェックを入れるとReference/属性文字/ティアドロップなどを3Dで表示しません。
3D描画に時間がかかる場合簡易的に確認することができます。