プリント基板CAD : 仕上げ作業

基板外形のスリット入力

今までラインと円弧の組み合わせで作成に時間がかかっていた、異極性間の沿面距離を確保するためのスリット入力や面付け時の基板外形スリット入力やミシン目入力が
ラインを入力する感覚でスピーディに作成できます。
※動画を別ウィンドウ大画面設定で見たい方は(http://www.youtube.com/embed/QlC3-RYij7w?rel=0)

基板外形のスリット入力
基板外形のスリット入力方法をご紹介します。
(1) 【PCB作成】
→【基板外形スリット入力】
を選択
⇒基板外形スリット入力モードになります。

 

(2) ショートカット「W」キーで線幅を設定し、「OK」をクリック
⇒スリット入力の線幅を指定できます。
(3) スリットを入力したい場所にラインを描いていきます。
⇒入力が終了するとライン線幅の外形が基板外形に変換されます。
(4) 基板外形のスリット入力が完成しました。