Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 部品の作成方法

Sample:IC(ゲート/オルタネート部品)の作成方法

実際にサンプルとして以下の部品の作成方法について、ご紹介いたします。

メーカー型番:CD74HCT04M

 


IC(CD74HCT04M)の作成方法
サンプルとしてIC(CD74HCT04M)の作成方法をご紹介します。
■前準備1
ゲートシンボルを準備する
「U_NOT1」を使用します。
※「U_NOT_Alt」をオルタネート設定しています。
作成方法はシンボルの作成方法をご覧ください。
■前準備2
シンボルを用意します。
「U_IC_14PIN」を使用します。
作成方法はシンボルの作成方法をご覧ください。
■前準備3
フットプリントを準備する
D14」を使用します。

作成方法は、フットプリントの作成方法をご覧ください。

 


(1) 【ファイル】
→【新規作成】
→【部品】
⇒部品の作成画面が開きます。
(2) Referenceに参照文字を設定する
ICなので「U」を設定しています。
(3) 属性をエクセルからCtrl+Cでコピーする
(4) 属性一覧で
右クリック
→【貼り付け】
クリック
  属性が貼り付けられます。
次に、シンボルを登録します。
(5) シンボル一覧で「追加」ボタンをクリック
(6) 部品カテゴリ「シンボルグループ」に設定
(7) ディレクトリを選択
(8) シンボル「U_NOT1」を選択
(9) 配置個数に「6」を入力
(10) 「OK」をクリック
(11) シンボルが6個登録されます。
(12) ピンのアサインを設定します。
  「アサイン」タブをクリックします。
プレビューに()にくくられているのがシンボルのピン番号になります。
シンボルのピン番号を参考にして「アサインゲート」と「アサイン番号」を設定します。
※「アサインゲート」はどのゲートに割り当たっているか、「アサイン番号」はどのシンボルのピン番号に割り当たっているかを示しています。
  詳しくはピンのアサインを確認をご覧ください。

ピンが非表示として登録されているゲートシンボルは、非表示として登録された「ピン番号」に
「アサインゲート」「アサイン番号」が入力されます。
例:7番ピンと14番ピンを非表示として登録したゲートシンボルをA,B,C登録した場合
  「ピン番号」7「アサインゲート」A,B,C「アサイン番号」7
  「ピン番号」14「アサインゲート」A,B,C「アサイン番号」7
 

  ピンの番号が変更されます。
(13) シンボル一覧で「Component1」を選択
(14) 「追加」ボタンクリック
(15) 部品カテゴリ「シンボルグループ」に設定
(16) シンボル「U_IC_14PIN」を選択
(17) 「OK」をクリック
(18) 「追加」ボタンクリック
(19) 部品カテゴリ「フットプリント」に設定
(20) IPCフットプリント「D14」を選択
(21) 「OK」をクリック
  ピンの設定を確認します。
(22) 「ピン」タブをクリック
(23) 「ピン名称」や「電気特性」を設定します
  ピンの設定を行いました。
  次にスワップ情報を確認します。
(24) 「スワップ」タブをクリック
(25) スワップ情報を確認
※スワップの詳細はスワップ情報の登録方法をご覧ください。
  スワップの設定を行いました。
(26) 【ファイル】
→【保存】
をクリック
⇒「保存(部品)」が表示されます。
(27) 「ディレクトリ」を選択し、ファイル名を入力して「OK」をクリック

 


ゲートシンボルで部品を作成した場合、重複するピンは結線を接続すると
接続した以外のゲートシンボルのピンが自動的に非表示になります。電源特性のピンなどは重複して作成しておくと便利です。
【結線接続前】
 


【結線接続後】