回路図エディタ : 図面枠を作成する

マクロ属性文字

マクロ属性文字は、ページ番号、ファイル名、更新日時、印刷日時、など自動で転記されます。このようにあらかじめ決められた動作が組み込まれています。

実行前 実行後

 


マクロ属性文字の種類は次の通りです。

自動更新されるマクロ属性文字

回路図の状況に合わせ、自動的に値が入力される属性文字です。

属性文字 内容 図面枠変更時の更新

Frame.SheetName

図面枠情報更新時にシート名を表示します。

sheet2

継承

Frame.DirectoryAndSheetName

図面枠情報更新時にシートのディレクトリとシート名を表示します。

/UserDatas/SingleSideSample/sheet2

継承

Frame.MaxSheetNo

図面枠情報更新時にプロジェクト内の回路図シート数を表示します。

2

継承

Frame.SheetNo

図面枠情報更新時にシートのページ数を表示します。

3

継承

Frame.ProjectName

図面枠情報更新時にプロジェクト名を表示します。

SingleSideSample

継承

Frame.UpdateDate

回路図保存時にファイル最終更新日時を表示します。

2012/04/16 14:44

継承

Frame.PrintDate

回路図印刷時に最終印刷日時を表示します。
※実際に印刷した日時ではなく、印刷画面を表示した日時となります。

2012/04/16 14:44

継承

Frame.PaperSize

図面枠の印刷サイズを明示的に指定します。

設定されている文字が以下の文字列を含む場合、印刷時、プリンタの用紙サイズを
以下の文字列を含む設定に自動的に設定します。
「A0」「A1」「A2」「A3」「A4」「A5」「A6」「A7」「A8」
「B0」「B1」「B2」「B3」「B4」「B5」「B6」「B7」「B8」
※上記の文字列が複数含まれる場合は、文字列の前方を優先に判別します。
※印刷方向「縦」「横」は図面枠のサイズ比から自動的に判別します。

  リセット

 


ウィザードで参照枠を使用した時に使われている属性文字

図枠を構成する属性文字に"Frame.ColumnNumber"と、"Frame.RowNumber"があります。
ポートアドレスを表示するときの位置情報はこの属性文字を基準に計算されます。

属性文字 内容

Frame.ColumnNumber

図面枠の横方向の参照文字を設定します。例)1,2,3,4

Frame.RowNumber

図面枠の縦方向の参照文字を設定します。例)A,B,C,D

 


図面枠情報更新の使い方

図面枠情報更新
図面枠情報更新を実行すると自動的に図面枠に配置しているマクロ属性文字の値を更新します。
以下に図面枠情報更新を行う方法をご紹介します。
(1) 【プロジェクト】
→【図面枠編集】
→【図面枠情報更新】
をクリック
  シート数が更新されます。
  プロジェクト内に3シートの回路図があり、2ページ目を開いている為、
Frame.SheetNo⇒2
Frame.MaxSheetNo⇒3
が自動的に表示されます。