Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

回路図エディタ : 各種便利機能

相対移動

相対移動は、選択したオブジェクトを設定した数値で移動したりコピーしたりする場合に使用します。
同じ回路図を並べて配置したいときなどやピンの配置に便利です。

相対移動には「XY座標移動」と「直線距離移動」の2種類があります。

XY座標移動 直線距離移動

選択したオブジェクトをX軸、Y軸に移動距離を設定することで、
相対移動(コピー)を行うことができます。

選択したオブジェクトを移動距離を設定することで、
相対移動(コピー)を行うことができます。

コピー数が「0」の場合は移動になり、コピー数が「1」以上に設定した場合はコピーになります。

 


操作方法

XY座標移動
選択したオブジェクトをX軸、Y軸に移動距離を設定することで、相対移動(コピー)を行うことができます。
XY座標移動方法をご紹介します。
(1) 移動したいオブジェクトを選択します。
(2) 右クリック→
【移動・回転・反転】
→【相対移動】クリック
⇒「相対移動」画面が開きます。
(3) 各種設定をおこなって、「移動実行」クリック
  選択したオブジェクトが移動します。

 

  ※コピー数に「1」以上を設定した場合はコピーになります。
(1) コピーしたいオブジェクトを選択します
(2) 「移動実行」クリック
  選択したオブジェクトがコピーされます

 


直線距離移動
選択したオブジェクトを移動距離を設定することで、相対移動(コピー)を行うことができます。
直線距離移動方法をご紹介します。
(1) 移動したいオブジェクトを選択します。
(2) 右クリック
→【相対移動】
クリック
⇒「相対移動」画面が開きます。
(3) 各種設定をおこなって、矢印ボタンクリック
※矢印方向に移動します。
※任意角度への移動もできます。
  選択したオブジェクトが移動します。

 

  ※コピー数に「1」以上を設定した場合はコピーになります。
(1) コピーしたいオブジェクトを選択します
(2) 「移動実行」クリック
※任意角度指定の場合は「移動実行」をクリックください。
  選択したオブジェクトがコピーされます