Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : プリント基板設計の流れと構成

プリント基板設計/3Dツール(PCB Designer)

片面、両面、高多層、高密度設計、ビルドアップ基板はもちろんのこと、フレキシブル基板など最先端の基板設計に対応する為の編集機能を多く取り揃えたアートワークアプリケーションです。

プリント基板設計/3Dツール(PCB Designer)の豊富な機能を是非、お使いください。

<機能紹介> 

配線機能
配線経路変更、GridOFFへの配線引き込み機能、配線リアルタイムクリアランス表示など、設計者の配線負担を軽減する機能を多数搭載しています。
ハイスピード配線に対応するため、差動ペア配線、配線長コントロールをDRC設計規則により容易に作業できます。
クリック回数を極限まで減らした押付け配線やならい配線、最短経路を自動検索する半自動配線にも対応しております。
また、高周波設計で多用する角配線が可能です。エンドキャップが角となり、配線角度は直角はもちろん、任意で変更することも可能です。

 

ベタ機能
電源/GND強化用ベタ入力、内層ベタ入力、表層自動ベタ入力において、サーマル自動生成、障害物へのクリアランスリアルタイム更新、自動浮島削除機能を搭載。
スピーディーなベタ編集作業を実現することができます。
メッシュ状のベタ形状が作成可能となり、UL規格や透明基板にも容易に対応可能です。

 

DRC
各ネット毎のデザインルールはもちろんのこと、ネットクラス設定によるグルーピングされたDRCも可能。
製造を考慮したシルクtoレジストやレジストtoパターンなど対象となる項目、数値、層を任意で登録するDRCカスタマイズが可能です。
またオンラインDRCにも対応しており、PCB設計中、リアルタイムでDRC設定を確認することができます。
クリアランスなど、各種設計ルールを考慮した配線作業が可能となるため、無駄な作業の出戻りがなくなり、品質向上が実現します。

 

検図用/製造データを一括出力
基板設計終了後、各製造会社への依頼書類を一括で出力することができます。
基板製造、部品調達、部品実装会社への必要書類を一括で出力することができる上、メール設定により製造依頼、自動見積依頼が可能です。

 

各種禁止領域/部品領域
フットプリント作成時やPCB設計時に各種禁止領域の入力が可能です。
種類は、「部品の高さ制限」「ドリル配置制限」「禁止ネット制限」が対象で、DRCエラーとして検出可能です。
任意の部品領域が追加でき、高さ情報 も入力できます。部品領域としてIDFファイル出力ができます。

 

新旧差分比較
「回路図 to 回路図」「回路図 to PCB」「PCB to PCB」「PCB to 回路図」となり、設計変更時のフォアードアノテーション、バックアノテーションはもちろんのこと、回路図同士、PCB同士での新旧データでの差分比較も可 能です。

 

デザインルール領域
今まで目視チェックで時間を要していた高密度設計のBGA周りなど、通常のDRCでは設定しきれない領域に対し、別途DRC設定を追加することが可能です。
配線幅やクリアランス、ビア形状など、特別な設定値をダイレクトで反映させることができます。

 

DFM製造チェック(MRC)
PCB設計時に製造性を考慮した確認を行うことで、基板製造時の無駄な出戻りがなくなります。

 

ODB++ 出力
プリント基板の設計工程から製造/部品実装工程へ確実に情報伝達するための統合されたデータベースODB++フォーマットに対応しました。
グローバルな企業間コミュニケーションデータとしてご使用できます。

 

パネライズ(面付け)
同種基板の多数面付けはもちろん、異種基板の複数面付けも可能です。

 

伝送路解析への連携
DSNファイルを出力することで、各種シミュレータ(DEMITAS NX、SIGNAL ADVISER等)とスムーズな連携が可能です。

 


機械系CAD(3DCAD)
IDF・STEPファイルインターフェースにより、プリント基板設計データと筐体データとのシームレスな連携を実現。
試作製造段階で確認していた「部品衝突」などを試作製造前に確認することができ、設計コスト、設計時間を大幅に短縮することが可能です。

 

部品ウィザード(IPC準拠)
電子製品の組立てにおいて高い品質と信頼性を確保できるIPC規格の数値を入力することで、部品ウィザードでは部品パッド配置、正式外形、寸法線、シルク形状を自動生成できます。
この機能により部品作成時間の大幅短縮が可能です。

 

share(共有部品ライブラリ)
部品を用意しなくてもQuadceptが管理するクラウドサーバー保管されている「部品」を使用してすぐにPCB設計図面を作成できます。

 

基板外形スリット入力
今までラインと円弧の組み合わせで作成に時間がかかっていた、異極性間の沿面距離を確保するためのスリット入力や、面付け時の基板外形スリット入力やミシン目入力がラインを入力する感覚でスピーディに作成できます。

 

テストランド自動生成
各ネット名に対し、1つのテストランドを自動生成する機能を搭載。
自動生成後はテストランドだけを連続で配置することが可能です。
今までの個別で作成/配置していた面倒な作業が解決します。