回路図エディタ : 各種便利機能

DXF/DWG出力

QuadceptではDXFファイルやDWGファイルを出力することができます。

対応フォーマット

対応しているDXF,DWGフォーマットは以下のバージョンです。

 DXF ascii(R9,R10,R12,R13,R14,R15,R18,R21,R24,R27)
 DXF binary(R10,R12,R13,R14,R15,R18,R21,R24,R27)
 DWG(R12,R13,R14,R15,R18,R21,R24,R27)

 

対応ドキュメント

DXF/DWG入力できるドキュメントは以下のとおりです。

シンボル
図面枠
ピン
ポート
電源
回路図

 


DXF/DWGデータを出力する方法

QuadceptのデータからDXF/DWGデータを出力する方法について紹介します。

DXF/DWGデータを出力する方法
(1) 【ファイル】
→【出力】
→【DXF/DWG出力】
⇒「DXF/DWG出力」画面が開きます。
(2) 出力オプションを設定します。
(3) 「OK」をクリック
(4) ファイル名を入力
(5) 「保存」をクリック
(6) 「OK」をクリック

 


DXF/DWG出力画面

項目 説明

フォーマット

DXF/DWG出力するフォーマットを指定します。

バージョン

DXF/DWG出力するバージョンを指定します。

単位

DXF/DWG出力する単位を指定します。

ブロックモードで出力

図面枠、部品/シンボル(電源、ポート)単位でブロック化を行います。

終端形状

 ラインや配線の終端形状を選択できます。

終端を丸型で出力 終端を矩形で出力

※Quadceptで読み込んだ場合、まだラインの終端に矩形のモードがないため、丸型で読み込まれます。

出力オブジェクト

チェックボックスで出力オブジェクトを選択できます。
チェックボックスで各層の出力の可否を選択でき、色の変更も行うことができます。