Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : ネット読み込み

PCB転送(ネットの読み込み)とネットリスト入力

Quadceptで回路設計している場合は、自動的に回路図からPCBへ部品情報と接続情報(ネットリスト)を転送することができます。
他社メーカーのCADで回路設計している場合は、ネットリスト入力を行うことで部品情報と接続情報(ネットリスト)の読み込みを行うことができます。

ネットの読み込み方法
回路図の設計 方法

Quadceptで回路図を作成している場合

PCB転送で自動的に部品情報と接続情報(ネットリスト)を読み込むことができます。
転送前に回路図にフットプリントをアサインする必要があります。

他CADで回路図を作成している場合
(ネットリスト入力)

PCB設計図面にネットリスト入力を行うことで、部品情報と接続情報(ネットリスト)を読み込むことができます。

 


Quadceptで回路図を作成している場合
PCB転送で自動的に部品情報と接続情報ネットリスト)を読み込むことができます。
PCB転送の方法をご紹介します。
(1) 転送したい回路図を開く
(2) 【プロジェクト】
→【PCB転送】
を選択
⇒転送先のPCBシート画面が自動で作成されます。
(3) 回路図でアサインされている部品(フットプリント)が図面上に配置され、ネットリスト情報を元にラッツネットで接続されます

転送時にエラーが見つかった場合、正常にネットリストを読み込むことができないため、エラーが表示されます。
エラー内容が画面下に表示されるので、修正後、再度「PCB転送」を実行してください。

 


他CADで回路図を作成している場合
ネットリストファイルを読み込み、部品情報と接続情報を入力する方法をご紹介します。
(1) 【ファイル】
→【新規作成】
→【PCBプロジェクト】を選択
⇒プロジェクトウィンドウに新しいプロジェクトが登録され、PCBシートが開きます。
(2) 【プロジェクト】
→【ネットリスト入力】からネットリストフォーマットを選択

ここでは【Telesis】を選択します。

※オンラインの場合は、【NET CHANGER連携】を選択するとさまざまなCADメーカーのフォーマットを入力できます。
(3) 他CADから出力したネットリストを選択し「OK」をクリック
(4) 各設定を行い「OK」クリック
各種設定の詳細については、ネットリスト入力画面をご確認ください。
ネットリストに読み込めない記述があった場合は、エラーメッセージとエラーの詳細が表示されます。エラーの内容をご確認いただき、修正を行ってください。
(5) 部品(フットプリント)が自動的に配置され、ラッツネットも接続されます。

既に部品の配置や配線が行なわれている場合でも、読み込むことができます。
設計図面とネットリストの接続情報に差分がある場合は、アノテーションが実行され差分がリストで確認できます。

ネットリスト入力画面

ネットリスト入力画面についてご紹介します。

部品情報
項目 説明

部品を配置/変更する

部品、フットプリントの新規配置や交換を行います。
設計途中の場合、PCB図面とネットリストの差分を検出し、アノテーションを行います。

参照オブジェクト

「部品」または「フットプリント」を選択します。
ネットリストに記載されている基準となるオブジェクト名を指定してください。

ネットリスト入力時に、参照オブジェクトに指定したオブジェクトの名称と、ネットリストに記載されている名称の一致で判定します。

すべての部品を対象とする

Quadceptに読み込まれているすべての部品(フットプリント)を対象として動作します。

ディレクトリを指定する(サブディレクトリも対象)

指定したディレクトリ(サブディレクトリも含む)内のすべての部品(フットプリント)を対象として動作します。

ネットリストに存在しない部品を削除する

チェックを入れると、ネットリストに存在しない部品をPCB図面上から削除します。

ネット情報
項目 説明

不要なネットオブジェクトを削除する(配線/ビア/ジャンパー/テストランド)

チェックを入れると、ネットリスト入力時に不要になったオブジェクト(配線/ビア/ジャンパー/テストランド)を自動的に削除します。