Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : Quadceptとは

全体の流れ

回路設計からPCB設計まで、全体の流れを紹介します。

回路図設計
部品のシンボルを配置し、結線をつなげることで電子・電気回路図面を作成します。
そのつながり情報を後工程であるプリント基板設計(アートワーク)に連携することができます。
前準備
  図面枠を用意する
図面枠の作成
  ピンを用意する
ピンの作成
  シンボルを用意する
シンボルの作成
  部品を用意する
部品の作成

設計に必要な、図面枠や部品のデータを用意します。
部品はピン⇒シンボル⇒部品と作業段階があります。


回路図の新規作成
  回路プロジェクトを新規作成する
回路プロジェクトの新規作成

まず、回路図設計用プロジェクトと回路図面を新規作成します。

部品を配置する
  部品配置
部品を配置する
  Referenceを更新する
Referenceの更新

図面上に部品を配置していきます。
回路の動作が分かりやすくなるよう考慮して配置します。
複雑になる場合は図面を複数枚に分けるなども検討します。


結線をつなげる
  結線をつなげる
結線作業について
  バス結線でつなげる
バス配線
  ラベルでネットを指定する
ラベル配置と編集
  ポートを配置する
ポートの配置
  ポートアドレスを表示する
ポートアドレス操作

結線をつなげて、回路図を書き上げます。

 

回路図検証(ERC/DRC)
  回路図の電気的つながりのチェックを行う
ERC実行
  回路図の見た目のチェックを行う
DRC実行

回路図のつながりや表示に問題がないかをチェックします。


各種出力
  部品表を出力する
部品表出力
  ネットリストを出力する
ネットリスト出力
  印刷する
回路図印刷
   

ネットリスト、部品表、図面の印刷を行って回路図作成は完了です。

このあとPCB転送(ネットの読み込み)を使って簡単にPCB設計を始めることができます。
※PCB転送をする前に、図面の部品に対してフットプリントの登録が必要になります。
詳しくはフットプリントアサイン(PCB部品割り当て)を参照してください。
 

 


プリント基板設計
回路図で設計した接続情報や部品をもとに、プリント基板上のパターンを作成します。
前準備
  フットプリントを用意する
フットプリントIPCフットプリント
  部品を用意する
部品の作成

設計に必要なフットプリントや部品のデータを用意します。

 
  

PCBの新規作成
  PCBプロジェクトを新規作成する
PCBプロジェクトの新規作成
  ※回路図と連携を行う場合
PCB転送
PCB転送(ネットの読み込み)

まず、PCB設計用プロジェクトとPCB図面を新規作成します。


ネット情報読み込み
  ネットリストの読み込み
PCB転送(ネットの読み込み)
  ネット操作
ネット追加ネット削除

回路図で設計した部品と接続情報を読み込みます。

設計準備
  層を設定する
層設定
  設計規則を設定する
クリアランス設定
  基板外形やキリ穴の作図
基板外形の作図

設計を行う準備として層数や配線幅など設計規則を設定します。
また、基板外形やキリ穴を作図します。


部品を配置する
  部品をReference毎に整列
フットプリントの整列
  Referenceを更新する
Referenceの更新

部品の電磁気的特性、熱的特性、入出力信号のレベルや周波数などを考慮したり、後の配線作業が行いやすいように配置します。


配線を行う
  配線を行う
配線作業

電流容量やインピーダンスなどを考慮して配線します。

 


ベタを作図する
  ベタを作図する
ベタの作図
  電源強化ビアを追加する
ビアの配置

基板の配線が完了したら、パターンの空き部分をベタ(銅箔)で塗りつぶします。

PCB検証(DRC/MRC)
  PCBの電気的ルールと製造ルールをチェックする
DRC/MRC実行

プリント基板設計に設計ルール違反がないかをチェックします。


各種出力
  ガーバー出力する
ガーバー出力
  NCドリル出力する
NCドリル
  NCドリル表を出力する
NCドリル表
  部品座標を出力する
部品座標出力
  印刷する
PCB印刷
  ODB++出力する
ODB++出力

完成したプリント基板設計から、基板製造を行うための各種ファイル出力を行います。

 

 


3D描画
※必ずしも必要な作業ではありません。
  3Dで表示する
3D描画
  IDFファイルを出力する
IDF出力
  STEPファイルを出力する
STEP出力

プリント基板設計を3D表示で確認したり、3Dツールで連携するために3Dファイルとして出力します。