Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 部品の作成方法

STEP2: Reference(リファレンス)を設定

Reference(リファレンス、参照名)は部品を特定するための文字です。例)U1、R1、C1、Q1・・・
数値は部品を配置したときに自動的に割り振られるため、参照文字を設定ください。
左側のチェックはReferenceの表示/非表示切り替えになり、チェックが入っていると表示になります。

Reference設定
次に部品のReferenceを設定します。
(1) Referenceに参照文字を設定する