Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : DRC/MRC設定

DRC/MRC設定について

PCBの設定では現在アクティブになっているPCB設計ファイルのDRC設定とMRC設定を行うことができます。
DRC/MRCを実行すると、設定した内容で検証した結果をエラーリストに表示し容易にエラー箇所を確認し修正することができます。

  内容

DRC

Design Rule Checkの略で設計したものが配線ルールなど設計ルールに違反していないか検証します。

MRC

Manufacturing Rule Checkの略で部品間のクリアランスやReference配置角度などの製造にかかわるルールに違反していないか検証します。

 

DRC/MRC設定の開き方
DRC/MRCの設定方法をご紹介します。
DRC/MRCの設定を行うには、まずプロジェクトの該当のPCBを開く必要があります。
(1) PCBを開く
  新規作成PCBをおこなった場合は自動的にPCBが開いた状態となります。
(2) 【各種設定】
→【DRC/MRC設定】
を選択
  (※ショートカットキーは「Shift+I」に割り当てられています。)
  「設定」ダイアログが開きます。

 

設定ダイアログでは各設定項目が画面左にツリー形式で表示されており、
設定したい項目を選択して変更を行います。