Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : DRC/MRC設定

ルールチェック(DRC)

DRC実行時にチェックを実行するかを選択できます。
DRC実行時に出てくるダイアログと連動しており、設定値を引き継ぐ動作になっています。

DRC/MRC設定画面の開き方はDRC/MRC設定についてを参照してください。

項目
項目名 内容

DRCのチェックを実行するかを選択できます。チェックが入っている項目のみDRCを実行します。

エラータイプ

DRC実行時のエラータイプを「Error」「Warning」から選択できます。

種別と確認内容

確認内容が記載されています。

 


種別と確認内容について
種別 確認内容 マーク 説明

未配線ネット

未配線を確認しますか?

エラー確認種別:未配線ネット

PCB設計の配線状況をチェックします。
ネットの接続情報(ネットリスト)通りの接続が完了していない場合にエラーを検出します。
ラッツネットが残っている状態です。

クリアランス

クリアランス違反を確認しますか?

エラー確認種別:クリアランス違反

クリアランス」と「同ネットクリアランス」で設定している値が保てていない場合にエラーを検出します。
エラーの出ているオブジェクトを確認し、クリアランスで設定している値以上離して配置してください。

実測値:違反クリアランス
設定値:クリアランスDRC

部品クリアランス

部品領域同士のクリアランス違反を確認しますか?

エラー確認種別:部品クリアランス違反

「部品クリアランス」で設定している値が保てていない場合にエラーを検出します。
エラーの出ている部品を確認し、クリアランスで設定している値以上離して配置してください。

※部品クリアランス違反は部品のAssembly層に設定されている部品領域を基に検出を行います。部品領域が存在しない場合は、シルクとパッドの最大領域から自動的に生成され、その形状を基に検出が行われます。
(部品領域を確認するには、部品の「部品領域を指定する」を有効にするとAssembly層に部品領域が表示されます。)

実測値:違反クリアランス
設定値:クリアランスMRC

ビア規則

使用されているビア違反を確認しますか?

エラー確認種別:ビア規則

「配線」の「ビア設定」で「使用可能なビア」に指定されている以外のビア形状が使用されている場合にエラーを検出します。
ビアを確認して、使用ビアを「ビア設定」に定義するか、「使用可能なビア」を使用してください。

配線幅

配線幅違反を確認しますか?

エラー確認種別:配線幅違反

配線幅が「配線」の「配線幅」で設定されている最小線幅から最大線幅の間に含まれない配線がある場合にエラーを検出します。
配線を確認して「配線幅」設定に定義されている範囲の配線となるよう変更してください。

実測値:違反配線幅
設定値:配線幅DRC(最少~最大)

配線長/等長配線

配線長違反、等長配線許容差違反を確認しますか?

エラー確認種別:配線長違反

「配線長/等長配線」の「配線長設定」で設定している許容差に違反している場合にエラーを検出します。
「配線長設定」で設定している配線長の範囲内になるよう変更してください。

実測値:違反配線長
設定値:配線長DRC(最少~最大)

差動ペア

差動ペアのギャップ/配線長/許容差違反を確認しますか?

エラー確認種別:差動ペアギャップ違反、差動ペア配線長違反

「差動ペア」で設定している差動ペアのギャップ/配線長/許容差が設定値に違反している場合にエラーを検出します。
配線を確認し、範囲内になるよう変更してください。

<差動ペアギャップ違反>
実測値:差動ペアギャップ違反
設定値:差動ペアDRC(最少~最大)

<差動ペア配線長違反>
実測値:差動ペア配線長違反
設定値:差動ペアDRC(配線長最少~配線長最大)

円弧配線

配線の角形状がすべて円弧であるか確認しますか?

エラー確認種別:配線角形状円弧違反

配線の角形状で円弧以外が使用されている場合にエラーを検出します。
配線の形状を確認し、円弧を使用するよう変更してください。

ダングリング

ダングリング配線が存在するか確認しますか?

エラー確認種別:ダングリング配線

端が接続されていない配線がある場合、エラーとして検出します。
 

浮きビア/スタブビア

浮きビア、スタブビアが存在するか確認しますか?

エラー確認種別:浮きビア、スタブビア

浮きビア :他の銅箔と接続を持たないビアが存在する場合、浮きビアとしてエラーを検出します。
スタブビア:単層パターン上にのみビアが存在する場合、スタブビアとしてエラーを検出します。

配線角度

任意角度の配線を確認しますか?

エラー確認種別:配線角度

2本の配線折れ角度が90度以下、及び任意角度の配線が存在する場合エラーを検出します。
90度、135度、270度は許容します。
配線を角度を確認し、任意角度の配線を修正してください。

ティアドロップ(Through)

Throughにティアドロップが存在するか確認しますか?

エラー確認種別:ティアドロップなし(PAD)

「ティアドロップ」で設定したネットのPADに対してティアドロップが発生していない場合、エラーを検出します。
PADに接続している配線を確認し、配線の引き込み角度を変更するなど配線を修正してください。

ティアドロップ(SMD)

SMDにティアドロップが存在するか確認しますか?

 

エラー確認種別:ティアドロップなし(SMD)

「ティアドロップ」で設定したネットのSMD(穴なしパッド)に対してティアドロップが発生していない場合、エラーを検出します。
SMDに接続している配線を確認し、配線の引き込み角度を変更するなど配線を修正してください。

ティアドロップ(ビア)

ビアにティアドロップが存在するか確認しますか?

エラー確認種別:ティアドロップなし(ビア)

「ティアドロップ」で設定したネットのビアに対してティアドロップが発生していない場合、エラーを検出します。
ビアに接続している配線を確認し、配線の引き込み角度を変更するなど配線を修正してください。

パッドオンビア

SMD内にビアが存在するか確認しますか?

エラー確認種別:パッドオンビア違反

パッド内にビアが重なっている場合にエラーを検出します。
パッドにビアが重ならないように配置するか、除外部品に追加してください。

動的ベタ分断

1つの動的ベタが分断されていないか確認しますか?

エラー確認種別:動的ベタ分断

1つの自動ベタオブジェクトでベタが分断されている場合、エラーを検出します。
分断しているベタを確認し、ベタ形状を変更するなどで修正してください。

多角形/ベタネジレ

多角形/ベタのねじれ箇所を確認しますか?

エラー確認種別:多角形/ベタねじれ違反

多角形/ベタを作図時にねじれて反転している箇所があればエラーを検出します。
ねじれ箇所を確認し、ベタを作図しなおすなどで修正してください。

浮きベタ

浮きベタの存在を確認しますか?

エラー確認種別:浮きベタ

部品や配線やビアに接続されていない浮きベタがある場合にエラーを検出します。
接続を行うか、浮きベタを削除するなどで修正してください。

禁止領域

禁止領域違反を確認しますか?

エラー確認種別:禁止領域違反(ドリル)、禁止領域違反(部品)、禁止領域違反(ネット)

禁止領域の設定で違反している場合、エラーを検出します。
禁止しているオブジェクトを修正してください。

<禁止領域違反(部品)>
実測値:違反部品高さ
設定値:禁止領域部品高さ

サーマル

サーマルの最少接続本数を確認しますか?

エラー確認種別:サーマル接続本数違反

「動的ベタ接続」で接続設定を「サーマル」に設定しているにもかかわらず、「その他DRC設定」の「サーマル最低接続本数」で設定されているサーマル本数に満たない場合、エラーを検出します。
サーマルの接続本数を確認し、パッドやビアの位置やベタ形状などを修正してください。

実測値:違反サーマル本数
設定値:サーマル本数DRC

テストランド

テストランドの配置を確認しますか?

エラー確認種別:テストランド配置違反

設計図面上のすべてのネットのテストランドが配置されていない場合、エラーを検出します。
テストランドを配置してください。

設計指示

確認がされていない設計指示を確認しますか?

エラー確認種別:設計指示未確認(部品)、設計指示未確認(ネット)、設計指示未確認(その他)

設計指示に確認がされていない項目がある場合、エラーを検出します。
設計指示内容を確認し、問題なければ「承認済み」にしてください。

部品編集

編集されている部品を確認しますか?

エラー確認種別:部品編集確認

図面上の部品をカスタマイズパッド、ランドカットしている場合や、マスター部品の編集などで、
図面上の部品とマスターの部品が異なる場合に、エラーを検出します。
部品を確認し、マスター部品を使用する場合は「部品更新」を行ってください。

アノテーション

回路図との差分が存在するか確認しますか?

エラー確認種別:アノテーション

PCBと回路図に差分がある場合にエラーを検出します。
チェックする項目はアノテーション(差分転送・差分比較)機能についてを参照してください。

 


オプション
項目名 内容

表示画面内のみクリアランスの確認を行なう

現在表示しているエリアのみが「クリアランス」のチェック対象となります。
※「クリアランス」以外はこの設定にかかわらず全体がチェックされます。

エラー上限数

DRC実行時のエラー検出の上限数を設定できます。
エラー項目が多くDRC実行に時間がかかる場合などは、制限することで確認が容易になります。
DRC実行時に上限を超えるエラーは表示されないのでご注意ください。