回路図エディタ : LTspiceと連携

LTspiceと連携

LTspiceと連携についてご説明します。

準備としましては、QuadceptをインストールしているPCに、LTspiceもインストールいただく必要がございます。
両方インストールしていると、下記の方法で連携する事が可能になります。

"Quadcept"と"LTspice"の、両方インストールが必須です。

現在、動作確認済みのLTspiceバージョンはLTspiceXVIIです。
"LTspice"のダウンロードはこちらから行うことができます。

LTspiceと連携のサンプル回路図と部品データのダウンロードページはこちらから行うことができます。

あとは、回路図上の部品にspiceの設定と、電源部品を接続を行い、下記の手順にて連携してください。

STEP1:LTspice連携画面を開く
STEP2:解析の種類を選択し設定を入力
STEP3:実行
STEP4:LTspiceを操作しグラフを表示

※詳しくはLTspice連携の流れをご覧ください。


LTspice連携の流れ

LTspice連携の手順は以下のようになります。

STEP1:LTspice連携画面を開く

最初の作業としてLTspice連携メニューを表示します。

STEP2:解析の種類を選択し設定を入力

行いたい解析の種類を選択し、設定を行います。

STEP3:実行

実行ボタンを選択します。

STEP4:LTspiceを操作しグラフを表示

LTspiceが自動で起動します。測定したいネットを選択しグラフを表示します。