Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Quadcept : 画面構成

ステータスバー

現在の作業状態を表示、変更できます。アクティブドキュメントの状態にあわせてリアルタイムに表示が変化します。

各項目の内容を下記にご紹介します。

上段
項目 内容

作業層

PCB設計時に現在の作業層を表示、変更できます。

層種類

PCB設計時に層の種類を表示、変更できます。

直前の層

PCB設計時に層の切り替えを行う前に作業を行っていた層が表示されます。
直前の層に切り替える場合は、ここに表示されている層に切り替えられます。

単位

現在アクティブになっている設計図面の単位系を確認、設定できます。

GRID

現在アクティブになっている設計図面の表示GRIDを変更できます。
チェックボックスは表示の切り替えとなり、チェックを入れると表示されます。

GUIDE

現在アクティブになっている設計図面の操作GUIDEを変更できます。
GUIDEは、カーソルを動かしている時に、GUIDEで設定した値を基準にカーソルが吸いつけられます。
チェックボックスは表示の切り替えとなり、チェックを入れると表示されます。

層表示

PCB設計時に表示状態にする層を“表示リスト”のバッチリストで切り替えできます。
バッチリストの設定は層設定で行ないます。

 


下段
項目 内容

カーソル座標

ドキュメント領域内におけるマウスカーソルの座標を表します。 原点の座標は(0,0)です。

モード

現在の作業モードを表示します。
例:ライン作成作業時 「ライン作成」と表示されます。

アドバイス

現在の作業に対するアドバイスを表示します。
例:結線作業時「始点をクリックしてください⇒次の位置をクリック…」と表示されます。

 

部品内編集を有効

 

部品に付随するReference位置を変更したり、シルクカットをすることができます。

ユーザーID

現在ログインしているユーザーIDを表示します。

プログレスバー

ERC実行や検索等、時間のかかる作業において進捗状態を表示します。