Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : IDF入出力

IDF入力

QuadceptではPCBの設計画面にIDF V3.0フォーマットのファイルを入力できます。
3D CAD側で基板外形や部品座標を調整したIDFファイルを読み込むことでPCB設計図面上の部品座標に反映することができます。

部品座標の調整はReferenceを基準に行います。
一致するReferenceの部品がない場合は、座標は調整されずに処理がスキップします。

IDF入力前 IDF入力後

 


IDF入力
IDFファイルの入力方法を下記にご紹介します。
(1) 【ファイル】
→【入力】
→【IDF】
を選択
(2) ファイルを選択し、「OK」をクリック

⇒「IDF入力」画面が開きます。
(3) 入力設定を行い、「OK」をクリック

※入力設定につきましては、IDF入力設定をご確認ください。
基板外形や部品座標が読み込まれます。

 


IDF入力設定
項目 内容

基板外形を入力する

IDFファイルの基板外形情報を読み込み、基板外形ラインに変換します。

部品座標を反映する

IDFファイルの部品座標を読み込み、配置済み部品に反映します。
※既に配置しているフットプリントのReferenceを基準にして座標を反映します。
一致するReferenceの部品がない場合は、座標は調整されずに処理がスキップしますのでご注意ください。

半田面の部品を反対方向に回転する

半田面に配置されている部品の回転を行うにあたり、反対方向に回転を行います。