プリント基板CAD : MRCエラー詳細

MRCエラー:クリアランス

■エラー確認種別:
  クリアランス違反

■エラーマーク:
  

■エラー内容:
  「クリアランス」で設定している値が保てていない場合にエラーを検出します。

   実測値:違反クリアランス
   設定値:クリアランスMRC

判定は「設定値」>「実測値」の際に、エラーを検出いたします。


■エラーの修正:
          エラーの出ているオブジェクトを確認し、クリアランスで設定している値以上離して配置してください。

 

エラー修正例(クリアランス違反)
「クリアランス違反」のエラーが発生した場合のエラーの修正例をご紹介します。
(1) 「クリアランス違反」のエラーをクリック

⇒エラー箇所へと画面が遷移します。
(2) オブジェクトの移動などを行ってクリアランスを保つように変更する。
再度MRCを実行するとエラーが解消されます。

DRC結果の確認方法

項目名 内容

クリアランス違反が発生している層になります。
上記の場合、TOP層です。

対象1

クリアランスが保てていないオブジェクトの一つ目が表示されています。
上記の場合、シルク図形です。

対象2

クリアランスが保てていないオブジェクトの2つ目が表示されています。
上記の場合、シルク文字です。

実測値

実際の距離を表示しています。

設定値

DRC設定で設定されているクリアランス値が表示されています。