Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

プリント基板CAD : 各種便利機能

ものさし

ものさし機能は2点間の距離を計測する機能です。
「測定項目」と「測定対象」を設定することで、さまざまな対象の距離を計測することができます。

メジャーは任意点以外はオブジェクト同士の最短距離を計測するので、画面を拡大していると
画面外にメジャーの結果が表示されることがあります。
ご注意ください。

測定項目

測定項目は以下の3種類となります。

項目名 内容

任意

クリックした任意の2点間を測定対象とします。

オブジェクト

選択したオブジェクトを対象とします。

セグメント

選択したセグメントを対象とします。
例)多角形ベタの辺等

 

測定対象

測定対象は以下の2種類となります。測定対象は組み合わせることも可能です。

中心 端点
クリックで選択した対象の中心線間を測定対象とする。
最短距離の測定を行う。
例)基板外形からドリルの中心距離
クリックで選択した対象の端点を測定対象とする。
最短距離の測定を行う。
例)パッドのレジスト間隔

 

 

その他設定
項目名 内容

パッド対象層

測定対象とするパッドの層を選択します。

詳細設定

チェックを付けることで詳細設定を行うことができます。

終了時にものさしを消去する

ものさしモード終了時に作成したものさしを消去するかを設定できます。
チェックあり : ものさしモード終了時にシート上の全てのものさしを消去します。
チェックなし : ものさしモード終了後もシート上のものさしを保持します。

すべてのパッド対象層を表示する

「パッド対象層」のドロップダウンリストにすべてのパッド対象層が表示されます。

ピッチ

ものさしのピッチを設定できます。

カラー

ものさしの色を設定できます。

 

測定方法

ものさしを使用して2点間を計測する方法をご紹介します。

任意
任意の2点間の距離を測定します。
 
(1) PCBドキュメントを開き【編集】→【ものさし】を選択

 
(2) ダイアログが開きますので
【任意】を選択
 
(3) クリックで任意地点から計測開始
 
(4) 任意地点クリックで計測終了

 


 

中心
クリックで選択した項目の中心線間を測定対象とします。
 
(1) PCBドキュメントを開き【編集】→【ものさし】を選択

 
(2) ダイアログが開きますので
「測定項目」を選択
(3) 「測定対象」として
【中心】を選択
 
(4) クリックで任意の測定対象を選択して計測開始
※対象の中心線からが計測開始点となります。

 
(5) クリックで任意の計測対象を選択して計測終了
※対象の中心線までが計測終了点となります。

 

 


端点
クリックで選択した項目の外面間を測定対象とします。
 
(1) PCBドキュメントを開き【編集】→【ものさし】を選択

 
(2) ダイアログが開きますので
「測定項目」を選択
(3) 「測定対象」として
【端点】を選択
 
※測定対象にパッドを選ぶ場合は、
 「パッド対象層」にて
 測定対象とする層を選択します
 
(4) クリックで任意の測定対象を選択して計測開始
※対象の外面線からが計測開始点となります。

 
(5) クリックで任意の計測対象を選択して計測終了
※対象の外面線までが計測終了点となります。

 

 


測定対象の組み合わせ
測定対象は組み合わせることが可能です。ここでは、例としてパッドの「端点」と配線の「中心」間の距離を測定する方法をご紹介します。
 
(1) PCBドキュメントを開き【編集】→【ものさし】を選択

 
(2) ダイアログが開きますので
「測定項目」を選択
(3) 「測定対象」として
【端点】を選択
(4) 「パッド対象層」にて
測定対象とする層を選択
 
(5) クリックで任意の測定対象を選択して計測開始
※対象の外面線からが計測開始点となります。

 
(6) 「ものさし」ダイアログに戻り、
「測定項目」を選択
(7) 「測定対象」として
【中心】を選択
 
(8) クリックで任意の計測対象を選択して計測終了
※対象の中心線までが計測終了点となります。

 

ものさしの削除

作図したものさしの削除方法は以下の通りとなります。

ものさしの削除
作図したものさしを削除する方法をご紹介します。
 
(1) 右クリックから【ものさし消去】を選択

 

ものさし機能の終了

ものさし機能を解除する方法は以下の方法となります。

方法1:右クリック→【キャンセル】を選択
方法2:キーボードの「Escape」を押下