Quadceptの管理システムが新しくなりました。 アカウント管理の使い方 ライセンス管理の使い方

Elefab : Elefab™連携

Elefab連携(依頼)時の部品属性の設定

「Elefab™見積条件」画面では、Elefab™で見積りを行う際に使用する見積り条件の設定、管理が可能です。
Elefab実装・部品調達の見積依頼/注文時に必要なBOM(部品表)の部品情報の設定を行います。

以下、部品情報の設定をQuadcept(CAD)上で行わないと連携時のBOM情報に反映されません。

Elefabフォーマットの部品情報設定方法
BOMの作成方法をご紹介します。
設定前の連携時BOM
これから右図3項目を連携する設定を行います。
■設定項目
・Manufacturer
・Parts No.
・Value
 

(1)  部品情報の属性項目作成
 
予め部品属性一覧にて部品情報の属性を作成します。
例)右図
・Manufacture
・Part Number
・Value

(2)  部品情報を設定
 
1.
【プロジェクト】
→【Elefab™▶】
⇒【設定】を選択
「Elefab™見積条件」のダイアログが表示されます。
※右図

2.
(1)で作成した属性項目を割り当てる

(3)  部品の詳細を入力
  ■入力手順
1.
回路図内の部品をWクリック(ショートカットキー「A」)
⇒部品属性画面が出ます。

2.
(2)にて当てはめた3項目に対して、「値」へ部品属性を入力していきます。

(4)  見積り作成を実行する
 
【プロジェクト】
→【Elefab™▶】
⇒【見積り作成】を選択
見積条件の
「Quadceptメッセージ」
が表示されます。
⇒【OK】

Quadcept(CAD)からデータを連携して(3)の値を取得します。
(5)  ご利用サービスを選択します
 
「実装サービス」に☑を入れ、内容を確認していきます。

(6)  部品種別を確認する
 
「上記の部品種別を確認する」を選択。
部品の詳細が正しく検出されているのか確認を行います。

(7)  反映後BOMの中の項目
 
上記で設定した3項目がElefabフォーマットのBOMへ反映されます。
・Manufacturer
・Parts No.
・Value

★Elefabご利用時の各種操作方法はこちら

見積作成から注文までの流れを説明しています。

Elefab実装・部品調達の依頼はこちら

部品調達の依頼は実装依頼と並行のみお受付しております。